年長のママさん、ランドセルは決まりましたか?
ラン活という言葉も最近では当たり前になっていますが…
なーんにも考えずにランドセルを選び、入学した「小1男子とランドセルの今」をリアルにお伝えします!

ランドセル探しは年長の4月。

我が家の息子は現在1年生。
一年前の我が家はカタログを取り寄せるでもなく、息子が決めるものでいいんじゃない?と全くのノープラン。
実家の両親から入学祝いにランドセルを買ってもらえることになり、工房系からメーカー系まで揃うランドセル専門店に春休みを利用して下見に行きました。

息子が一目惚れしたランドセル。

お店に入って、ここが男の子だね〜と見始めた途端「これにする」と息子。
一目惚れしたブルーグレーのランドセル。
なんと、10分足らずでランドセル決定。
あまりに早すぎる展開に不安な母。
春休みの時点では仮予約にしてもらい、お盆の帰省でもう1回見させてもらいました。
それでも全くブレない息子。
年長さんの8月、一目惚れしたランドセルを予約しました。
萬勇鞄のファルベ。
色はネイビー×チョコ。
お盆に購入し、届いたのは12月末でした。

そして、入学。

いよいよ小学校入学。
住んでいる市では1年生にランドセルカバーがプレゼントされます。
せっかくのブルーグレーが見えないなぁ…と思いつつも、つけます。

理由は目立つから。
男の子のランドセルは暗色中心。
曇りや雨の薄暗い日には見えにくい色。
通学路は道も狭いく歩道がないところもあり、車との距離が30cmなくなるような場所もあるので、やはり目立つ黄色のカバーはありがたいと思いました。
傷防止にもなります(笑)

入学して3ヶ月。

1学期も残すところ半月となった7月現在…
ランドセルの扱いはどうでしょう?

まずは自宅。
宿題などはリビングでやっているため、チェストをリビングに置き、そこにランドセルを置いています。
そこに置かないと妹が踏んづけるので、早々に定位置に置く癖がつきました。

PTAの仕事で放課後学校へ。
校庭で遊んでるね!!と言うので迎えに行くと…
どういうことだよ…
事件かい…
母、ガックリ。

そして中身。
とりあえず入る限りは突っ込んできます。
ノートが折れまがろうがそんなのカンケーねぇ(笑)
最後にランドセルのフタが締まればそれでオッケーなのです…

現実、見ていただけましたか?笑

雨の日はランドセルごとカッパ!

雨の日はランドセルを背負ったまま着られるカッパを着ています。
荷物があると傘もフラフラしがち。
ランドセルが濡れることを気にしなくても良いようなカッパを選びました。
できるだけ、目立つ色、目立つ柄で。

ランドセルに思うこと。

親の私が実際にランドセルを使う息子を見ていて思うこと。
まずは「重さ」です。
1年生の教科書だけでも何だかんだで重たい!!
ランドセル本体含め4kgです。
それに加えて毎週持ち帰る体操服、上履き、水筒に月に1度とはいえ給食着もあります。
手提げの荷物がとにかく多いんです。今はプールバッグも加わって大荷物。
不定期ながらピアニカ、粘土などの持ち物もあります。
手荷物があるからこそ、ランドセル自体が軽いにこしたことはないな。と思いました。
暑くなったこの時期、顔真っ赤にして帰ってきています。

ランドセルは6年持てばそれでオッケー!!(泣笑)

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
あきんさん

単身赴任の夫とサッカー息子(2012.9生)とお転婆娘(2017.9生)の4人家族。 日々大騒ぎしたり悩んだりしながら逞しい母目指してます!
おうちご飯や子育ての失敗談も赤裸々に。

あきんさんの記事一覧 v-right