子どもの成長に合わせ部屋の見直しを

子どもの成長と共に部屋の使い方も変わってきますよね。

我が家も、もともと和室だった部屋を、子ども館の様におもちゃがたくさんある遊び部屋にしていましたが、末っ子が小学生になり、あまりおもちゃで遊ばなくなったので、落ち着いた部屋に変えることにしました。

そこで気になったのが押し入れのふすまです。

床は当初から畳に木目のフローリングシートを敷いていたのですが、ふすまは"the和室"だったので、なんとかしたいとずっと思っていました。

ふすまを張り替えるシート探し

そこで、ネットやホームセンターで探したり、壁紙サンプルを取り寄せてみたりしました。

壁紙は安くて種類が豊富ですが、ふすまの上にのりで貼ると飽きた時など剥がしにくそう...

でものりなしだと定番の貼り方のマスキングテープと両面テープで貼ると、頻繁に開け閉めしてるうちに浮いてしまいそう...

プレミアムウォールデコシートは本物っぽい質感でおしゃれですが、横幅がふすまの幅より少ないので、無駄に長さが必要でお金がかかってしまう...

とかなりの期間悩んで、ようやく見つけたのがダイソーのリメイクシートでした!

ダイソーのリメイクシートに決定

『板壁風シャビーシック ブラウン』
サイズ45×90cm

早速ふすまの紙部分を採寸してみると、
約78cm×182cm

(縁の木の部分も貼ろうか迷いましたが、高低差が少しあるのでやめました。)

横幅(78cm)にリメイクシートを2枚並べて貼ると(45cm×2)余るくらいですが、縦(182cm)は2枚貼っても若干足りません(90cm×2)。

貼り方を工夫して4枚で完成

そこで、ちょうど板壁風で木目が1本づつのデザインだったので、1本分をカットして横に貼ったら4本でふすま1枚が完成しました。

1本100円なのでなんと400円(税抜)で完成しました!

完成

雰囲気がガラリと変わって、子ども達も気に入ってくれました(^^)

100均のリメイクシートはいろいろな種類が出ていて、手軽に雰囲気を変えることができておすすめです!

部屋をプチ模様替えしたい時は100均のリメイクシートが便利!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
SAKIさん

4児ママのライフオーガナイザーです。仕事と育児、家事をこなして自分時間ももてるよう、収納や家事を仕組み化し、快適な暮らしづくりを応援します。

SAKIさんの記事一覧 v-right