子連れにうれしい銚子丸。子ども椅子や食器はもちろん、細巻きの子どもカットも

私の家の近くに回転寿司の銚子丸があります。私も子どもも大好きで、週1くらいの頻度で子連れでよく利用しています!

いつも頼むのは
・細巻きの子どもカット(子どもが食べやすいよう小さく切ってくれます!)
・茶碗蒸し
・あら汁(野菜多め)

野菜多めのリクエストにも、にこやかに応えてくれるのでうれしいです。

子どもが欲しがるジュースのかわし方

回転寿司でちょっと困るのが、紙パックのジュース(やデザート)。おいしくて甘いそいつらが、定期的に目の前を通りすぎます。息子もふと見つけては「あ!ジュース!欲しい!」と催促してきます。

そんなとき、わが家ではこのように対処しています。

ジュースが目の前に来たら、「オレンジとリンゴ、どっちが飲みたいの?」と種類を聞きます。

子どもが答えている間にジュースは流れていき、(または取ろうとして取れないふりをする)「あ〜行っちゃったねぇ。また次来たら取ろうね!」と一旦ジュースから気持ちを逸らせます。

すると子どもは諦めて、ご飯かおもちゃに関心が戻ってくる、という感じです。

突然のイヤイヤ。同じジュースなのに!?

先日、家族4人で夕食を食べに銚子丸へ行きました。息子はジュースを飲みたがり、1度目はかわし、2度目に取ることになりました。

息子の希望のオレンジジュースが3皿流れてきました。パパが1本取ると、「ちがーう、それじゃない〜。こっちぃー!!」と隣のオレンジジュースを指さして半泣きの息子。

オーマイガー!

何が違うの?いや何も違わないのだけど、とにかくパパがとったジュースでは気に入らない様子。

賑やかな店内ですが、「ちがーうー」と響きわたる長男のグズり声。困惑する私たち。イヤイヤ期真っ盛りの長男、一度ご機嫌を崩すと立ち直らせるのが困難です。これは困ったぞ。。。

とっさの板さんの神対応に救われた!

それに気づいた板さんの1人が、なんと、流れて行った残りのジュース2つをサッと取り

「チャンスはもう1回来るよ〜!」

とお寿司レーンの私たちの席より少し手前から流してくれたのです!なんということでしょう!

速やかな対応に、息子は機嫌は直り、パパは今度こそ息子の指定のオレンジジュースをゲット。息子はご機嫌で飲み始めました。

また、一度取ってしまったジュースですが、板さんが「どうする?それはまた流そうか?」と言って下さり、お返しすることができました。本来は1度触ったお皿は戻せないのですが、紙パックのジュースということで対応してくださいました。

板さんの機転の利いた行動のおかげで、私たち家族はとてもハッピーな夕食の時間を過ごすことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

私達も見ていた周りのお客さんも、ますますこのお店のファンになりました

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
スマイルさん

2歳と0歳の子供を持つ育児休業中の会社員ワーママです。
食べ歩きと旅行が好きで、第2子妊娠中にフィリピンへ1か月間の親子留学もしました。最近ハマっているのはホットクック(電気調理鍋)です。

スマイルさんの記事一覧 v-right