/ 2020.04.06

ポイントは材料をよく冷やす

外出自粛で皆さんいかがお過ごしでしょうか。わが家の子どもたちは、家にいることで食べることがいつも以上に好きに!

こんなときだからこそ、おいしくて、うちでしか食べられないものを。

焼きたてのスコーンで幸せ気分。コツをつかめば、とっても簡単にできるので子どもと一緒に、朝食に、おやつに、作ってみてください。

「抹茶チョコチップスコーン」

~材料~

小麦粉  200g

砂糖(あればきび砂糖)  20g

ベーキングパウダー 8g

抹茶(お好みで) 8~10g

塩 ひとつまみ

無塩バター 60g(細かくしておく)

牛乳  90g

チョコチップ(お好みで)今回は 40g

~作り方~

1.小麦粉、きび砂糖、ベーキングパウダー、抹茶、塩をボウルに入れてホイッパーでよく混ぜておく。

2.1の中に細かく刻んだバターを入れて、スケッパーで切りながら混ぜていく。
イメージとしては、小さくなったバターに粉がまぶされているような感じに。

☆ポイント

・バターを量るときに刻みながら量ればわざわざカットしなくてもOK。バターが大きいとザクザク食感!

・材料をよく冷やす

・温まらないように素早く作業する

ポイントは素早く!ムラなく!

3.2によく冷えた牛乳を入れて生地をまとめていく。

4.チョコチップを3に入れて、素早く混ぜる。

チョコチップは板チョコをざっくり割ったものでもカフェっぽいスコーンになるので、おすすめです。チョコチップを入れたら混ぜすぎないように注意します。

ポイントは、寝かして、のばして、折り込む

4.生地を平たくのばして、冷蔵庫で20分以上冷やす。

5.折ってのばして20分以上冷やすを2回する。

この状態まで夜に仕込んでおけば、朝は切って焼くだけなので、朝食で焼きたてスコーンを楽しめます!

自分好みのスコーンへ

☆ポイント

冷蔵庫で冷やしてカットして焼いてもできますが、折ってのばしてを繰り返すと写真のような層ができて、サクサクの割れスコーンになります。

折らないとしっとりスコーンになります。

層が多いスコーンだと冷めてもサクサクなので、作り置きおやつにもおすすめです。

ぜひ、自分や家族のお好みのスコーンを探してみて下さいね。

6.割れないように厚みを出し、丸くしたらスケッパーで8等分に切ってオーブンシートを敷いた上に、くっつかないように置く。

お楽しみの焼き上がり

7.200度のオーブンで約15分焼いて出来上がり!

できたてサクサクスコーンは、お店では売ってません!ぜひ、焼きたてをおうちで食べてみてください。

チョコチップの量や抹茶の量、バターの大きさ、折り込み回数を変えて、自分や家族好みのスコーンを探してみるのも楽しいです。

こんなときだからこそ、焼きたてスコーンで幸せを!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
aacoさん

中2女子、小6男子、3歳男子を幅広く子育て中♪ お菓子作り、収納、100均が大好きです。 キャラケーキやアイシングクッキーを作ってイベントやお誕生日に楽しんでいます。 働きながら調理師免許、アイシングクッキーの資格を取得。

aacoさんの記事一覧 v-right