/ 2021.01.18

こんにちは。三兄弟の母ことサンタの母です。先日、家では弟たちと走り回っているばかりの4歳の長男が驚くことを言いはじめました。それは子どもたちの寝かしつけをしているときでした。

「実はボクね、保育園に好きな子がいるんだ」

母は(キャー!ついにこのときが来たのね!4歳って早くない?!)と、内心ドキドキ。興味津々で長男に問いかけました。

母「そうなんだ、なんていうお名前の子なの?」
長男「実は2人いるんだ。RちゃんとMちゃん。」

母 心の声(2人!?気が多いな!)

母「どうして2人のことが好きなの?」
長男「だってかわいいから。」

母 心の声(面食いなのかしら…気になる。)

そして、次の瞬間…母は自分でも思いがけないことを口にしました。

母「ママとRちゃんとMちゃん、どちらの方が好き?」

…なんともめんどくさい女(母)なセリフを吐いてしまいました!息子の初恋にジェラシーを感じてしまうなんて、実は自分でもビックリです。
さらに長男の答えが「同じくらい好き!」というところにも、いちいちヤキモチを妬いてしまい(ママの方が好き!という答えを密かに期待していました…笑)、将来子離れできるか心配になったサンタの母でした。

そして、毎日言ってくれる「ママ大好き」を大切に噛み締めようと決意しました。

とはいえ成長を感じる出来事!

実は長男、今年度から0歳児より3年間通った保育園を退園し、現在の保育園に転園しました。理由は前の保育園が1クラス4〜5人と小規模な認可外保育園だったこと。

子どもの性格を考えたうえで、小学校へ上がる前に多くの子ども達の中で優しく強く成長してほしいという母の願いのもと、悩みに悩んで年少になるタイミングでの転園を決めました。

しかし、今年度から感染症対策のため保育園玄関での送迎が徹底されており、親が参加できる園行事も中止となっているので、園でのお友だちとの関わりを知ることもできないまま…。

ですから、長男の初恋の話を聞けたことは精神的に成長している姿が想像できて、実はとてもうれしい出来事でした。

けれど本音は…「ママがいちばん好き」ってもうしばらく言ってほしいよ

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
サンタの母さん

5歳と3歳双子の三兄弟ママ / 薬局薬剤師 / 幼児食アドバイザー。昨秋からフルタイム勤務に戻り目が回る毎日を過ごしています!元気があり余っている三兄弟とのリアルな日常をブログに綴っていきたいです♪

サンタの母さんの記事一覧 v-right