/ 2021.06.18

こんにちは!今回はキャベツたっぷりサンドイッチ「沼サン」の子どもも食べられるアレンジレシピを紹介したいと思います。

「沼サン」とは何ぞや?

「沼サン」とは、陶芸家の大沼道行さんが考案したサンドイッチのことらしいです。「沼サン」に必要な食材は食パン2枚とキャベツの千切り、後はお好みの食材だけです。

大量のキャベツのせん切りを挟むのが「沼サンド」の特徴。大沼さんの妻由樹さんがインスタグラムでレシピを公開したところ、人気に火がついたそうです。

私は、あまりのおいしさに「○○沼」の「沼」かと思っていました。おいしすぎて、はまる人が続出しているのかと思っていたほど簡単なのに、とってもおいしいので子どもと一緒に食べられるように少しアレンジしてあるので、参考にして頂けると幸いです。

作り方

1、キャベツ千切りにしてマヨネーズを混ぜる

キャベツを千切りにします。適量のマヨネーズを加えて混ぜます。このとき塩を「入れない」のもポイントです。塩を入れると”しなしな~”になってしまうので、ご注意を。

大人だけが食べる場合は、ここに粗びきのブラックペッパーをたっぷり入れるのですが、子ども用で作るときは、マヨネーズのみで味をつけておきます。

キャベツは、2人前で半玉。上の芯のない所を半分に切って、千切りにします。本当に、キャベツはたっぷり使います。たっぷり使った方やおいしい気がします。

2、食パンを2枚トーストする

一枚にとろけるチーズをのせて、もう一枚にベーコンをのせて焼きます。

チーズとベーコンがいい感じに焼けたらOKです。ここで大人用には、お好みで粒マスタードを塗ります。私は、粒マスタード好きなので、必ず入れます!

3、いよいよキャベツを挟みます

ベーコンがのっている食パンの上に1、のキャベツをたっぷりのせます。これでもかーってくらいのせても案外、ぺろりと食べられちゃう不思議。

キャベツの上に好きな具材をのせます。今回は鉄板の「アボカド」をチョイス!挟む具材はお好みでOKです。本当に何を挟んでもおいしい(笑)。

私のおすすめは・・・
●アボカド
●ちくわ、カニカマ
●しそ
●鯖缶(みそ味)
●トマト
●クリームシチューコロッケ
●カレー
など昨日の残り物を挟むことも多いです。

大人はお好みでここで粗びきブラックペッパーを振りかけておくとおいしいです。キャベツに混ぜ込まなくても、大人用に粗びきブラックペッパーを後のせしています。

最後に、とろけるチーズがのっている食パンでふたをします。

4、食べやすく半分に切って完成!

たっぷり入ったキャベツがシャキシャキしてとってもおいしいです♪半分に切った断面も美しい~。

ラップに包んで切ってもOK。そのままお弁当にもgoodです。朝食や在宅勤務のランチにもピッタリです。おいしくて病みつきになりますよ♪

キャベツが手に入ったら、絶対作って欲しい!!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
αさん

6歳年上の夫と、夫と瓜二つの長女と次女の4人暮らし。ちょっとおっちょこちょいな働くママです。育児も家事も仕事も楽しく☆1日1回は大笑いしたい(笑)

αさんの記事一覧 v-right