平日は会社員、パラレルキャリアでぎゅってブロガー/ワーキングマザーの会運営をしている3歳児の母、うかたそです。

美容にはやや疎く、こだわりのない私ですが、だからこそなのかデイリーグッズはわりと実用重視かつコスパ重視です。そんな私ですが、最近とってもお気に入りのコスメができたので、ここでご紹介させてください。

子どもを出産し、授乳期間を終えてからは肌荒れもあまりなく、ホルモンバランス整ったのかなぁ〜なんてのんきに構えていましたが、ここ1〜2年のコロナ禍におけるマスク生活ですっかり美肌とは縁が切れ、肌荒れが常態化してしまいました。

去年、マスクによる肌荒れがあまりにもひどく、このような記事も書きました。
マスクによる肌荒れ対策に!自宅で試してみた3つのポイント

このとき使っていたのは、韓国コスメの「イニスフリー」。そのときは少し落ち着きましたが、その後冬の乾燥やら何やらで、「イニスフリー」も効かなくなり、同じく韓国コスメの「ラロッシュポゼ」にも手を出しました。

が、効果なし…。「ラロッシュポゼ」はコスメに詳しい友人おすすめだったのでかなり期待していたのですが…(おそらくですが、個人差あります)。

そして今年の春、肌荒れが一年以上続いていることに意を決し、皮膚科に行くか、美容皮膚科(美容外科)に行くか、エステサロンに行くか、とにかくどこか相談機関の門を叩くことを決意しました。

まず、皮膚科。皮膚科はおそらく、「肌荒れ」の治療はしてくれるだろうけれど、その後の肌(ニキビ跡など)まではケアしてくれないだろう…。昔にきびの治療で皮膚科に通ったこともあるので、これはなんとなく想像がつきます。

次に、美容皮膚科。美容皮膚科はとにかく高そう。あと、レーザー治療とかなんとなく怖い(脱毛はしたことあるけれど、顔に当てるのは…という感じ)。

残る選択肢は、エステサロン。でもこれこそ、高いだけで効果がないのでは?

そんな風にあれこれ迷っていた私の頭に、ふと思い浮かんだのは、実妹が大学生の頃、バイト代をつぎ込んで某サロンに通ったところ、みるみるうちにニキビが治って綺麗な肌になっていたなぁという記憶。

身内の実体験というのは、これ以上ないエビデンスです。そのサロンで相談してみようと、とりあえず有休の日にトライアルコース(3,000円)を体験してみることにしました。

で、結局フルラインで購入した化粧品がこちら

私が門を叩いたのは、シーボン.というエステサロン。正確には、この会社はエステサロンの会社ではなく、化粧品の会社です。

ホームケア用の化粧品を購入すると、購入した金額に応じてサロンケア(エステ)の権利が付帯する、という仕組みです。

トライアルに行って、肌診断を受けて、「まだ色素沈着していないので、この状態ならホームケアと、サロンでのマッサージを繰り返せばすぐに良くなる」とサロンのお姉さんに言われました。

その言い方がなんというか、とても自信満々で断定的だったので、何かにすがりたかった私はもうとにかくこのお姉さんとシーボン.を信じてみよう、という気持ちになり、その場で化粧品一式購入しました(笑)。

普段お財布の紐はかためな私ですが、自分のコンプレックスということもあり、「ここまで来たんだし」と、肌にお金をかけてみることにしました。

で、さっそく始めたホームケア。まず、こちらは化粧水と美容液です。「2プッシュずつ使う」というルールで、使用量が分かりやすくシンプルです。

化粧水はもっちりしていて、肌につけると気持ちいいです。

美容液の緑の方は夜用、青は朝用。もう「絶対これ、朝夜使い分ける必要ないよね?ただ高い商品を数売りたいから分けて勧めているんだよね?」という気も若干否めませんが、とりえず言われるがまま使っています。

次に、メイク落としや洗顔について。

こちらは左から、メイク落としのクリーム、洗顔フォーム、洗顔時に使う酵素パウダー。実際に使用してみての感想ですが、この3つはシーボン.の商品の中でも鉄板商品な気がしています。

メイク落としは、クリームがオイル状になるまで自分でしっかりマッサージをする必要があります。が、しかし、これがなかなか時間がかかる…。

子どもがカラスの行水なこともあり、お風呂で悠長にメイク落としをしている時間はわが家にはありません。夕食後、子どもがテレビに夢中になっている隙にメイク落としをするのが最近の私のルーティンになりました。

次に洗顔フォーム。これは酵素パウダーと合わせて使います。毎日酵素パウダーを使うことで古い角質を落とし、肌の新陳代謝を高めるのだそう。

泡立てるときに洗面器を使って行う必要があるのですが、たっぷりの泡に子どもが喜んでしまって邪魔をしてくるので、洗顔もお風呂ではなく、子どもがテレビに夢中の隙に洗面台でこそこそとしています。

こう書くとなかなか涙ぐましい努力をしているようですが、この3点セットはおそらく特に効果があるのだろうと思っています。

この化粧品を使った自宅でのケアに加えて、サロンでのマッサージ。マッサージは、ちょうど4月はキャンペーン期間中で、化粧品の購入から2カ月までは何回でも通うことができるという大変お得なサービスを実施していたので、ありがたく毎週せっせと通っています。

マッサージに通い続けてすでに7回。ニキビはすっかりなくなり、あとは赤くなったニキビ跡がどのくらいで完全に消えるかなぁ〜といった感じです。でも、まぁ、時間の問題かなという気もします。

高いけれど、さすがシーボン.ちゃんと効果はありました。あとは払った分のエステケアの権利を使い切って、いったんシーボン.は卒業しようと思います(やっぱり高いので、続けるのは難しい)。

そのほか、今お気に入りのアイテム紹介

シーボン.はちょっと高いので、ほかに今お気に入りのプチプラコスメをひとつ紹介したいと思います。

フジコの「眉ティント」

これは、簡易的な眉毛タトゥーとでもいうのでしょうか。寝る前に眉毛を描いてそのまま眠り、翌朝ぺりぺり〜っとはがすと、消えない眉毛ができている、というもの。

この季節、通勤中に汗をかいて、会社に着いた頃には眉毛が消えてしまい、メイク直しをする必要があったりと何かと手間がかかる季節なので、その手間を少しでも短縮できるのが魅力的です。

ただ、パッケージには「3日持つ」と書いてありましたが、私の場合、一日で消えてしまうのが難点…。

なくてはならない化粧品

ここまで、私のおすすめ化粧品をつらつらと書き綴っていきましたが、皆さんは普段どんな化粧品を使っていますか?コロナ禍で生活スタイルが変わったことや、年齢とともに肌質が変わったり、また妊娠出産などホルモンの変化でもお肌の調子って影響しますよね。

常に、その時その時の状態に合った化粧品を見つけていけたらいいな〜と思っています。

高いけれど効果は確か!今の私は、シーボン.がお気に入りです。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
うかたそさん

会社員。夫と3歳娘と3人暮らし。都内在住。好きなものはお酒と旅行と絵を描くこと。「母になってもやりたいことを諦めない」「自分らしく生きる」がモットー。コロナ禍の心の支えは、スペイン語学習とバランスボールエクササイズです。

うかたそさんの記事一覧 v-right