/ 2021.09.20

モデルナアームとは腕がポコンと腫れる副作用

私は職域接種で、モデルナのワクチンを受けました。そのときの体験を共有したいと思います。副反応は人それぞれ。参考になれば嬉しいです。
ちなみに年齢は41歳、既往症なし、アレルギーなしです。

1回目 軽い痛みのみ。が、まさかの1週間後に…

ドキドキの1回目の接種では、ほとんど副作用はありませんでした。当日の夜、注射を打ったところが触られると痛い程度。職場の20代・30代の若い子たちが、「腕があげられず、洗髪が大変だった」「熱が出て寝込んだ」などと言っているそばで、私は大したことありませんでした。

ところが、1週間を過ぎたある日、腕の注射した少し下のあたりがとても痒いのです!痒くて痒くて、かかずにはいられません。そうしているうちに、腕がどんどん腫れてきて、熱を持ち、こぶし大のしこりが感じられるほどに。

ここで初めて、「ワクチン 腕のかゆみ」などで検索し、モデルナアームの存在を知りました。私の場合、痒みは1週間ほど続きました。

解熱剤やポカリを用意した2回目

2回目の接種のほうが副反応が出る確率が高く、発熱も多くの人が体験するとのこと。会社でも、ほとんどの人が発熱していました。

諸説ありますが、信頼できるお医者さんから聞いた話で、「発熱する前にカロナール(解熱剤)を飲むとよい」というのを信じ、病院でカロナールを処方してもらいました。

ほかにも、発熱したときのために、ゼリーやポカリなど食べやすいものを買って用意しておきました。また、接種の翌日・翌々日は仕事を休みにしておきました。

2回目接種後~翌日、薬が効いて発熱せず!

そして迎えた2回目。

午後15時頃に注射自体はスムーズに終わり、体調も変化なし。帰宅した夕飯後、20時にカロナール服用し、熱が上がるかもとドキドキしながら寝ましたが、何事もなく朝を迎えました。

朝起きてカロナールを服用(2回目)。朝子どもたちを保育園に送り、1人ランチに出かけ、問題なく帰宅。だるさも何もありません。

薬が切れると、とたんに寒気が!

その日の夜、カロナールを飲み忘れて子どもたちを寝かしつけし始めてしまいました。途中で気づいたけれど、まぁいいか、とタカをくくっていたら…。

うとうとし始めたら、急に全身に寒気が。口がガタガタして、思わず「寒い寒い寒い〜!」と口走るくらい。急いで起き上がり、長袖を取りに(8月頭の暑い時期)。時間は21時。前日に薬を飲み始めてから24時間でした。

そこで夫から「早く薬飲みなよ!」と言われ、「そうだった!薬が切れたから熱が上がってきたのか。」と慌てて薬を飲み、長袖を着て、布団を被って横になりました。しばらくすると寒気も収まり、熱も下がったようで、そのまま寝ました。

接種2日後 少しだるいけれど熱はなし

翌日も、朝カロナールを飲みました。熱が出ることもなく、少しだるいかなー?という気もしましたが、特に問題なく過ごしました。夜の薬は飲まなくても、もう熱は上がりませんでした。以上が私のワクチン体験談です。

ワクチン前に気をつけるポイントは
・夫と接種日をずらす
・解熱剤を用意する
・熱が出ても食べられるものを用意しておく
・仕事は休みにしておく
などでしょうか。

(解熱剤の種類や服用間隔など、人によると思いますので参考まで)

ご参考になれば幸いです!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
スマイルさん

東京都在住。年少の息子と2歳差の娘を持つ会社員ワーママです。
食べ歩きと旅行が好きで、第2子妊娠中にフィリピンへ1か月間の親子留学もしました。最近ハマっているのはホットクック(電気調理鍋)の作り置きです。

スマイルさんの記事一覧 v-right