/ 2021.10.08

さつまいもがおいしい季節

10月に入り、秋ならではの食材も増えてきましたよね。今回紹介するのは、そんな秋食材のひとつ、さつまいもを使った絶品おやつです。とくに難しい工程なしで、簡単にとってもおいしいさつまいもマフィンができちゃいます。ほとんどの工程を4歳9カ月の長女にまかせてみた様子も含めて、紹介します。

こちらのレシピを参考にしましたが、割と大幅に変更しています。

■材料(5cm型マフィン8個分)

小麦粉…115g
砂糖…70g
ベーキングパウダー(BP)… 6g(小1.5)  
塩…ひとつまみ 
焼き芋…150 ~200g
※今回は皮むき前重量170g程度使用
卵…2個
バター…80g
黒ごま…適量

ちなみに今回使用した焼き芋はこちら。台湾にはいろんなところで焼き芋が売られていますが、この冷凍焼き芋は、あまくてねっとりでとってもおいしいです!

■下準備

・オーブンを180度に余熱しておく
オーブンによりますが、マスキングテープを使って、メモリに印をつければ、子どもでも簡単に設定できました。

・材料をすべて計量し、卵とバターは室温に戻しておく
余裕があれば、計量から子どもに任せても大丈夫だと思いますが、経験上、ここは親が計量しておいた方が落ち着いて、最後まで楽しくできる気がします。

・小麦粉とBPをふるっておく

・焼き芋をつぶしておく

・マフィンカップをセットしておく

■作り方

1.バターをクリーム状になるまで、よく混ぜる
子どもは、作業が粗いので大きめのボウルを使用

2.砂糖を加え、白っぽくなるまでさらによく混ぜる
ボウル壁面についた部分を時々へらで落としてあげると、やりやすい

3.溶き卵を少しずつ入れ、よく混ぜる

4.さつまいもを加え、よく混ぜる

5.小麦粉、BP、塩を入れ、へらで切るように混ぜる
“切るように”は実際に混ぜる様子を先に見せて説明

6.スプーンで生地をすくい、カップに入れ、黒ゴマをかける

7.余熱していたオーブンで180度20~25分ほど焼いたら完成!

ほとんどの工程をまかせることができたので、作りながら、私は洗い物をしたり、片付けたりととても助かりました。気になるお味ですが、さつまいもの優しい風味としっとりした食感がくせになるおいしさでした。多めにつくって、冷凍しておけば、おやつや朝食にもぴったり。

娘本人も達成感に満ちあふれた表情をしていて、また作りたいと思える美味しさ&完成度&達成感に親子ともども大満足!ぜひ、この秋、親子で一緒に作ってみてくださいね♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nimo*さん

元食品メーカー勤務のフリーライター。4歳と1歳の姉妹の母。趣味は食品工場見学で国内外問わず、200か所以上足を運んでいる。夫の転勤のため、17年11月より台湾高雄にて駐在生活中。そんな台湾での子育てライフをぎゅってWeb内“台湾あるある子育て絵日記”にて紹介中。

nimo*さんの記事一覧 v-right