/ 2021.10.15

ジェンダーを押し付けていた!?

先日、長女6歳、長男3歳を連れて葛西臨海水族園に行ったときのこと。お土産店でかわいい海の生き物のイラストのコップを見つけました。

女の子向けっぽいピンクベースのカメ柄のと、男の子向けっぽい青ベースの様柄の2種があって。長女と相談して長女にカメ柄のを、息子にサメ柄のを買って帰ることにしました。

はい、なぜ長女とだけ相談したのか。それは、帰り際だったので息子は疲れて寝てた。さらに、息子がコップなど日用品のデザインにこだわると思っていなかった。

まさに、この二つ目の考えからすでにジェンダーギャップがあった!と今は反省しています…。

帰宅してさっそく「買って来たコップでお水の飲もう!」と長女が言ったので、私がすかさず、「はー君(息子)のコップあるよ!」と言うと、息子は「やったー!」と言って長女と一緒になってコップの包みを開けました。

包みを開けた瞬間、息子は「亀のコップの方が良かったーーー!」と大泣き。私と長女は必死で「サメはカッコいいよ」、「カメはピンクで女の子っぽいよ」とかなだめましたが、息子的には亀柄がよかったよう。

これを機に、男の向け、女の子向けという固定観念で、息子の好みを無視していたことを反省。

さらに、息子は男の子だから、日用品のデザインにこだわりが少なそうっていつの間にか思っていたことにも気づき、ジェンダーギャップ作ってたか!と意識を改めねば…と思った出来事でした。

子どもの好きを大切にしたい。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ナフォリタンさん

東京下町在住、6歳女の子、3歳男の子のママで技術系フルタイムワーカーです。 旅行(20か国ほど)、スノボ、茶道など趣味多めですが、今は子どもと過ごす週末を楽しくすることが一番の歓びです。そんな週末の発見や体験など、等身大レポをお届けしたいです。

ナフォリタンさんの記事一覧 v-right