ママだっておうちごはんで辛い物が食べたい!!!!!

こんにちは!5歳と2歳の兄妹育児に日々翻弄されている限界ワーママ、おきらいすです。

突然ですが、私はかなりの「辛党」です。ご覧のとおり、定期的に夫と“辛祭り”を開催しています。(皆様におかれましては「辛祭りとは?????」という感じだと思いますが、気にしないでください)

とはいえ幼児二人を育てる身ですから、普段はカレーも麻婆豆腐も甘口で作っています。大人として。

そんな日々が続くと、やっぱり「泣くほど辛いカレー食べてぇな…………」「致死量の花椒(ホアジャオ)浴びてぇな…………」ってなっちゃうんですよね。日常に刺激が足りない(ギャンブラーの思想)

しかしある日、そんな私にぴったりな《神調味料》を発見してしまったのです!

AJINOMOTO『花椒油(ホアジャオユ)』

それがこちら!

AJINOMOTOから発売されている『花椒油(ホアジャオユ)』です!その名の通り、花椒の爽やかな香りと痺れる辛さが楽しめる香味油となっています。

原材料は

・食用なたね油(国内製造)
・花椒末

の2点のみというシンプルさ。パッケージにあるような「芳醇な香りと痺れ」が楽しめます。

『花椒油』は中華料理で本領発揮!

そんな『花椒油』は、中華料理との相性がとにかくバツグンなんです。お子様仕様の甘口麻婆豆腐も、お皿の上でタラリと回しかけるだけで理想の“シビ辛”に大変身。

オイル状で混ざりやすいため、辛さの調節もカンタンです。炒飯やエビチリも、作り分けることなく家族全員がそれぞれお好みの辛さで楽しめます。

カップ麺の《味変》にも大活躍の『花椒油』

このように、わが家の中華料理に欠かせない存在となった『花椒油』。もちろん中華以外の日にも活躍してくれます。

市販のカップ焼きそばにかければ、スパイスの効いたエスニック風焼きそばに。ラーメンとも合いますよ!

意外!卵かけごはんとも相性バツグン

そして、意外と相性が良かったのが「卵かけごはん」!

ほかほかごはんに卵と醤油をかけただけのシンプルなTKGに『花椒油』を垂らすことで、手抜きランチが最高のご褒美メニューになっちゃいます。言い過ぎではないです。本当です。

私が最近週5で食べてるマジやばTKG

絵面が汚すぎて恐縮なのですが、

・天かす
・ねぎ
・白ごま
・ガラスープの素
・『花椒油』

をてんこ盛りした卵かけごはんにハマりすぎてやばいです。最近、平日のお昼は本当に毎日これ食べてます。週5です。食べすぎ。

“シビ辛”好きさんに届け!!!!!!

以上、私の推し調味料『花椒油』についてご紹介しました。

私のような激辛ジャンキーの皆さんに、ぜひ一度試していただきたい商品です。どれぐらい試していただきたいかというと、常に懐に忍ばせておいて配って回りたいレベルです。

なお、かけすぎるとかなり痺れるため、辛い物が苦手な方はご注意ください。

ちなみに私は「味覚終人(みかくおわりんちゅ)」なので、70gの瓶を2週間ほどで使い切ってしまいました。明日買い足しに行きます。

そして画像は本題とぜんぜん関係ないのですが、スパイスでIQが2になってしまった夫婦の仲睦まじい様子です。では、また。

よければオススメの激辛食品や調味料、教えてください!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
おきらいすさん

とにかく楽して褒められたい系ママ。根っからの大阪人です!賑やかすぎる2歳差兄妹と天然な夫との、笑ってばかりの4人暮らし。口癖は「ま、そういうこともあるよね~」料理も掃除も家計管理も「なんとなく、それっぽく見えたらOK♪」毎日ハナマルです◎

おきらいすさんの記事一覧 v-right