育休中の登園渋り。

ありますよね。

我が家の場合、一昨年次女が生まれて、その後長女の登園渋りに付き合うことになりました。

その時の経過はこちら。
======
【育休中の「保育園いかなーい」から半年経過。よかったこと大変だったこと】
=====

具体的にやってたことをまとめたらこんな感じでした。

======
【登園渋り、自宅待機、ワンオペ休日の過ごし方まとめ!】
======
↑長女4歳です。

私が復職した今、子供もその当時を振り返って「たのしかったなー」みたいなこと言ってたりします。ちょうど1年前の5月・6月は、私も慣れないワンオペ2人育児にてんやわんや。このまぶしい日差しや、当時の懐かしいアイテム…長女がよく来てたコーデとか…を見るにつけ、「たいへんだったなぁ~でもたのしかったなぁ~」っと思い出すのです。

今回は、こんなことがあったという補足や、育休中に出会ってハマった雑誌「コドモエ」。仕事してたら、モード違いすぎて合わないかな?レビューしよっと思っていたので、それも合わせて、振り返ってみようと思います。

行く行く詐欺(笑)

これは、月に1度くらいはありました。お休みが3、4日続いたあたりに頻出。

長女「もう明日はほいくえん行く!もう、まいにち行く!!」
わたし「そっかそっか~(え!急にそんなこと言われても、私明日から何したらいいの?!(マジ泣)で、でも、、時間できたら何から手をつけよっかな♪)」

ー翌朝ー
長女「ほいくえんいかなーい」
わたし「・・・・・・・・・・(え、昨日の私の涙とかテンション上がって妄想した時間とか返してほしい)」

「そんなの予想できるじゃん」って、毎回ツッコミました。でも、それでも毎回、「ついに?!」なんて期待してました(笑)

振り回されないで、わたしの都合を押し通すのもできたと思うのですが、当時なかなかそうできなかったんだなと思います。

いざ保育園行き始めたとき、わたしがハイになる

いざ、保育園に結構行くようになったころ。

1,2月で、保育園の入園準備とかもせねばならないのですが、、、仕事モードのアップデートとかぼちぼちやりたいんですが、、、

なぜか、急に時間がものすごーくできちゃったような錯覚により、資格勉強もしちゃう!とユーキャンに申込み、他のセミナーに申し込み、読みたい本をパパパっと買う、等々、ハイテンションになりました(笑)

そして1週間経たないうちに、「え、わたし、ハイだったけど、これ全部復職までにやるん・・・?」ってなってました。えぇ、保育園の準備等々、その他「重要な項目」もそれなりに時間かかるのでね。

ちなみに、復帰までの朝のおしたくの道のりはこちら。
======
【育休中の登園渋りからの育休復帰!朝のおしたく対策5つ】
=====

復帰後のコドモエは??

コドモエ・・・えぇ。大好きです。

日々に追われ、5月7日発売の最新号、、、他の仕事関係の本とかに、追いやられてる・・・

のらねこぐんだん10周年特集だけ目を通しました。届いてすぐ。付録の保冷トート、かわいい・・・キュン!(もうすでにピクニックにも持参)10周年特集、羽海野チカ先生が寄稿している・・・キュン!!

大好きなのらねこぐんだん10周年。この後読みたいと思います(笑)

次号付録はのらねこぐんだんの新作だそうですから。

キッチンミノルさんの付録絵本も、大好きな写真絵本×仕事絵本、かつ、飛行機!整備工場!!(じゅるり)隅々まで読めずとも、まだまだコドモエと一緒に子育てさせてもらいます^^

======
KODOMOE2022年6月号
KODOMOE2022年8月号
=====

私なりの結論

私の場合は子供に付き合って、振り回されて、1年一緒に過ごせたのはいい経験だったなと思います。もちろん考え方は人それぞれですから、周りのママさんを見てもいろいろだなと感じます。

もし、迷ってる人がいたら、大変だけど・・・それはそれでいい思い出になるし、手元で見るのもいいんじゃない?♪って感じです。そしてたくさん息抜きもしてくださいねーっと。

以上、育休中の登園渋りに付き合い、振り回され、それはそれで楽しい毎日を振り返る日記でした!

だって、復職したらやっぱり怒涛の毎日ですからね〜笑

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
BATAKOさん

4歳&1歳女子に振り回される30代。在宅メインの時短勤務。デザイナー、事務、時々カメラマン。まごわやさしい手抜き料理、しゅみ(片付け・読書・自転車・キレイなもの巡りetc.)お伝えしていきます。

BATAKOさんの記事一覧 v-right