/ 2022.08.05

休日のお昼ごはん

みなさん、休日のお昼ごはんはどうしていますか?私の周りでは、「休日は基本つくらない」「麺メニューにすることが多い」などといった声をよく聞きます。今回は、ささっと済ませたいときにもピッタリな作り置き冷凍もできる焼きおにぎりを紹介します。

■材料

白米       5合分
桜エビ      大1
※桜エビ以外の乾燥エビでも大丈夫です。
【A】
和風粉末だし   大2
(ほんだしなど)
※今回は、ほんだしとあごだしを大匙1ずつ使用しました。
しょうゆ     大11
みりん      大2
ごま油      大2 
白ごま      大4
(黒ごまでもOK)

■作り方

※天板にクッキングシートを敷いて、オーブンを250度に予熱しておく。

1.Aの材料をすべて混ぜ合わせておく。

2.1に温かい白米を入れ、切るように混ぜる。

3.大体半分ずつになるように分け、お好みの大きさに握る。
※ビニール手袋をすると握りやすいです。熱いのでやけどに気を付けてください。

4.残りの半分に桜エビを加え、よく混ぜ、同じく握っていく。

5.250度で6分、ひっくり返して6分焼いて、完成!
※熱いのでやけどに注意してください。

冷凍保存しておけば便利

粗熱が取れたら、当日と翌日食べる分以外は、保存容器に入れて冷凍します。
※1か月を目安に食べきることをおすすめします。

食べるときは、レンジで2.3分解凍したら、すぐに食べられます。

お子さんに食べさせるときは、やけどしないよう半分に割ってからあげるようにしてください。

お弁当に入れたり、ほぐしてお茶漬けにして食べてもおいしいです。

個人的には、この焼きおにぎりとみそ汁、たくあんの組み合わせが大好きです!

今回は、具なしと桜エビバージョンで作りましたが、鰹節や塩昆布などを入れてもおいしいですよ。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nimo*さん

元食品メーカー勤務のフリーライター。4歳と1歳の姉妹の母。趣味は食品工場見学で国内外問わず、200か所以上足を運んでいる。夫の転勤のため、17年11月より台湾高雄にて駐在生活中。そんな台湾での子育てライフをぎゅってWeb内“台湾あるある子育て絵日記”にて紹介中。

nimo*さんの記事一覧 v-right