/ 2022.10.06

芋掘りに行ってきました

こんにちは、ヒロコッティです。すっかり秋めいてきましたね。秋の行楽といえば、定番の芋掘り。保育園や幼稚園のイベントで行く人も多いかもしれませんね。わが子たちは、台風や感染症拡大の影響があり、保育園の芋掘りイベントはことごとく中止。週末に、念願の芋掘りに行ってきました!

芋掘りの必需品はコレ!

事前にインターネットで調べたところ、あらゆるサイトで「長靴と軍手とスコップが必要」との情報がありました。農園に日程について問い合わせた際に確認したところ、「手で掘れますが、スコップを持ってきても大丈夫ですよ」とのこと。

結局、軍手と長靴を用意して出発しました。畑は柔らかく、芋を掘っていくうちに足に土がかかるので、特に子どもは長靴で行くのが正解だと思います!大人も長靴だと安心です。

あとは軍手!網目から土が入ってしまい、爪の中まで土まみれになってしまいました。必需品だと思っていた軍手ですが、ゴム手袋の方がいい!ゴム手袋か、ビニール手袋をしてから軍手をはめるのが正解だと学びました。

スコップはなくても十分でした。深い部分は土が固いのでスコップがあると楽かもしれません。ただ、スコップを使って掘ると芋が傷ついてしまう可能性があるので、慣れていない子どもは手で掘った方が良さそうです。

1株ってどれくらい?

今回お世話になった農園では、1人5株1,200円でした。家族4人だと20株。ですが、20株だとかなり多く採れるので、20株より少なくてもいいですよ、とおっしゃっていただきました。でも、たくさん掘りたいなら20株がオススメと教えていただき、4人で20株に挑戦!採れたのはレジ袋(大)が4袋分です。

生育具合や品種にもよるのでしょうが、こんなにたくさん掘れました!

たくさんとれた芋の保存方法

洗わずに、土が付いたまま保存するとだいぶ長持ちしますよ、と農園の方に教えていただきました。新聞紙にくるんで涼しい場所に置くといいようです。手洗い場で芋を洗ってから持ち帰る方もいましたが、たくさん掘ったならそのまま持ち帰った方が良さそうです。

お世話になった農園をご紹介

今回お世話になったのは、神奈川県横須賀市にある津久井浜観光農園。とても広い農園で、季節によってイチゴ狩りやミカン狩りも楽しめます。

さつまいも掘りは11月の中旬までやっているそうです。一般客は土日祝日のみですが、予約なしで受け付けていただけるので、その日のコンディションによって当日決行できるのがうれしい!農園の方もとても親切で、子ども達に声をかけてくださったり、上手な堀り方を教えてくださいました。

少し足を延ばすと、絶景が広がる海岸があります。

自然とふれあい、食育にも!家族でさつまいも掘り、おすすめですよ~!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ヒロコッティさん

ずぼら主婦兼会社員。 子どもと過ごせる時間が短いからこそ、家族の休日には楽しいお出掛けに繰り出しています。 趣味は、ずぼら流ハンドメイド。

ヒロコッティさんの記事一覧 v-right