/ 2022.12.01

4歳9カ月、まだまだ抜け代わらない歯が折れました

最近街中でも知らない人に、もう抜けているんですか…?とよく聞かれるのですが、いいえ、折れているんです。

子どもを産んで、二度目の大きなけがです。子育てって本当に色々ありますね。無事に毎日元気でそれを親として子を守り続けるって大変なことだなとつくづく思っております。

保育園の先生方が毎日どんな気分で仕事をされているのか、頭が下がりまくって地面にめり込むほどです。一度目は次男の脳出血(これもどこかで話したいですね)、二度目が今回の折れ歯。どうやら周りを聞いていると、ちょこちょこあるようなのですが、まあなんともびっくりです。

なぜ折れたか?まあ男子あるあるです

一言で言うなら…調子に乗っていたから。本当に4歳頃の男子ってみんなすごい調子乗ってません?

わが子も例外になく。保育園内で起きたことなのですが、その日はいつもよりお迎えで嬉しそうにしていて、下駄箱まで走って行ってしまったんです。歩いてね、走らないでね、と声をかけても聞こえておらず。しかもそこでなぜかしたこともないスライディングを決めようと…。

もちろん初めてでうまくいくこともなく見事に滑りすぎて、顎から落ちていきました。次男の対応に追われていて、防げるような距離にいなかったことも反省です。すごい音がして、起き上がると口周りがすでに真っ赤でした。

骨折とかしていたらどうしようか、顎が割れたらやばいと思っていたのですが、前歯2本が折れて下唇に刺さりかけているようでした。なんか痛そうな表現が増えてしまうのですが、長男はここで謎の根性を見せものの2〜3分で泣き止み、

これ、治る・・・?と不安げに佇んでおりました。

その時点ではまだ完全に折れているのではないように見えており、急いで近所の歯医者さんに向かい見ていただいたのですが、ぱっくり歯茎のところで折れてしまっていて、もうくっつくのは絶望的とのことでした。

レントゲンの結果、顎などには問題がないとわかりひと安心でしたが、正直私の心臓もばくばくでした。今まで虫歯もなく、大きな治療をしてきたことのない長男なので、徐々に落ち着いてきて物珍しい機械に興味津々だったのがせめてもの救いでした。

あとは、まだ子どもの歯だったこと、顎や中の歯に影響がなさそうなこともあり問題なく生え変わりもできそうなので、特には折れている部分の間を埋めること以外には、治療が必要がないことも不幸中の幸いだったかなと思います。

これからの治療は・・・

まだ生え代わりに2年近くかかりそうな長男の歯。放っておくには期間が長すぎて、滑舌や歯並びに影響が出てしまうので今は大きな大学病院へ3週間に一度通っております。これから義歯みたいなものを骨格に合わせて作っていくので、また出来上がったらUpdateしたいと思います。

話はずれますが、今の歯医者さんってすごいんですね。どんな機械があってどんなふうに使って治療をするのかを子ども自身が触ったりして学びながら、治療を進めていくんです。だから子どもも比較的怖がらなくて済むし、予防治療としてもいい方法だなと感動しております(その代わり頻度も多いので仕事を抜けたり休みを取ったりするのも増えますが…)。

私もこんな風に治療受けたかった…!

何事もない子育てなんてきっとないんだな…と若干の達観を覚え始めています。これ以上けがも病気も嫌なんだけどな。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
pucciさん

2歳の長男と、0歳ベビー、自営業の夫と4人家族の28歳。 時短勤務中。 日本生まれ日本育ちで日本語・英語・中国語を話す。 趣味は国内外旅行。夢は海外勤務。 モットーは『とにかくラクして楽しく生きている!』 言語取得や子連れ旅行などゆる~く発信♪

pucciさんの記事一覧 v-right