キッズチア講師初挑戦!!いきなり小学生女子25名受け持つことに

現在、杉並区のダンスサークルでキッズチアリーダーの講師をしています。

小学校1年生から6年生まで25名。レッスンは土曜日の朝9時から1時間1本勝負で月1-2回。
講師のお話を頂き、2018年4月から講師活動をスタートしました。

思ってた以上に大変!!

自身は現在も社会人アメリカンフットボールの専属チアリーダーとして活動しています。

ですが、教えるのは初めて。
いつか子供達を教えてみたいと思った時の為に、資格も取りましたが、現場ではある意味資格というより場数を踏んで慣れる気合いだなと思わされる日々です(笑)

基本的には教えるときは最低でも3年生くらいでクラスを分けることが多いですが、その時間もないため、全員一斉に教えています。
が、いやはや、動物園です...。

低学年のメンバーは一生懸命覚えたいのもあり、みんながいてもいつも決まった子が「ここができないの!先生!」と声を上げてくれるのはいいのですが、
他20名待たせているので、焦ります…..
静かに待っている子もいれば、その間に特に難しいお年頃の5年生の集中は切れてしまい少し離れてたむろってしまったり、
「もう少し6年生がんばってくれ~!涙 下の子たちの面倒を~…!」 
と心の中で叫びながらザザザザーっと1時間過ぎてゆきます。

1-2分でも休憩を入れれば….
123年生は私の周りをぐるっと囲っては色々おうち事情や(そんなにおうち事情話しちゃダメよw的なお話しも)、友達の話、彼氏!?の話、
振りで分からない部分を話したり質問してきたり、くっついてきたり、なかなかレッスンに戻れず…..。
4年生は振りの練習、5年生は携帯や雑誌で忙しそう、6年生は息子を連れて行くと必ず面倒見てくれますが、基本的に自分たちで完結。

ゆっくり教えてあげられない状況にもモヤモヤです….

遂にカミナリが落ちた!!

来週、地域のイベント出演を控えている彼女達。相変わらず能天気です。

あまりにも私の話していることを聞いていない、踊ると言っているのにくっついて立っていてとてもではないけど踊るスペースを確保できていない。
ずっと大声で指示を与えていた感じだったので、遂に私の堪忍袋がキレました。

「ねぇ!みんな、そんなに近くに立ってて、踊れるの!?なにしに来てるの!?
来週イベントに出るんだよね?当日たくさんの方が見に来て下さっている中で踊れないのはみんながとっても恥ずかしい思いをするんだよ!?先生じゃない。
みんなから出ると連絡をもらっているので、先生は1人1人の配置も考えています。出たくないなら出なくてもいいです。
でも、出るのであれば、出るといった言葉に責任を持ってしっかり練習してください。分かりましたか!?!?!?!」

母親的な強さが出てしまって「は、怒鳴ってしまった....」と思いましたが(笑)、大分みんなには響いた感じでした(笑)
その後の練習はみんな目の色が違って集中していました。
間違ったら「しまった!!」とやっと焦っているように見えました。

小学生だからこその素直さに感激

あれだけ怒って言い過ぎたかな....と反省してましたが、最後の休憩時間、

いつもたむろってて私が1番手こずっている5年生達が珍しく寄ってきて
「先生!それはピヤス?イヤリング?可愛いね」
「先生高いの買わないから3coinsとかclairsで買ってるよ^^」
「へ~3coins "スリコ"でそんなに可愛いの売ってるんだ!?」
「わ!今は"スリコ"っていうんだね!」

「先生!」「先生!」とみんな寄ってきては楽しそうに色んな話をしてくれました。

あぁ、ここがまだ小学生だからこその素直さ、なんだなぁと感激しました。

保護者の皆様も協力的で感謝

保護者の皆様も後ろで数名見ていましたが、終わった後に、
「すいません、大分怒ってしまいました....」

とお伝えすると、
「いいんです!あれでも足りないくらいです!先生もよくあそこまで我慢して理性保ってるなと思いました」
「しっかり動画は撮りましたので、他のママさん達に展開して復習してもらいますね!」
と涙が出るような心強いお言葉を頂き....

今のような時代、子供を怒ることは勇気がいる人もいるかもしれませんが、私は締めるべき時はしっかり伝えるというポリシーの元講師を始めることにしたので、
その想いに賛同して下さる保護者の皆様がいらして頂けることに本当にありがたいと思いました。

そして最後。
「先生!バレンタインだよー!」
と言って、くれたチョコレートとメッセージカード。

子供を教える責任は大きいですが、これだからやっぱり辞められないし、辞めたいと思ったことも一度もありません!
これからもチアママ、チア講師ママとして頑張らないと!!

これだから講師も辞められない!? VS小学生女子チアレッスン事情

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
kanaさん

2歳の男の子ママ。育児と仕事の傍ら社会人アメフトの現役専属チアリーダー、キッズチアリーダーの講師も務める。ママ会、同窓会等幹事業が趣味で人と会うことが大好き。「一度きりの人生、ママになっても欲張りになんでもやってみる!」がモットー

kanaさんの記事一覧 v-right