今夜も始まる、ママをめぐる争い

我が家は5才、3才、4ヶ月の3人姉弟。布団を4枚敷いて5人で寝ています。
3人目が生まれるまでは、ママの左右にふたりが寝てました。それでも、右がいい、左がいいと喧嘩をしていました。
そして、3人目が生まれると、左右では足りない!!
片方は赤ちゃんに譲るとして、もう片方は私だ!と毎晩ママをめぐって喧嘩になります。
ある意味、ママにとって人生最大のモテ期ですが、この喧嘩にうんざり。
そんな我が家がとったのは…?

曜日でママの隣を決める!

我が家は、ママの隣で寝られる日を曜日で決めました。
月水金曜日は3才長男、火木土曜日は5才長女。
そうすると、曜日を覚えてなかった3才の長男が曜日感覚を覚えるという効果も!
これで優先順位が明確になったので、喧嘩はかなり減りました。それでも、今日はどうしても隣で寝たいから明日と交換してくれ、なんて話もあったりして、喧嘩が収まらないときもあります。

寝る向きを駆使して3人とも隣を確保!

どうしても二人とも隣で寝たいというときは、その日の担当がママと水平に横に、もう一人がママの頭の横に垂直に寝ます。そうすると、少しだけ隣にいる気がするようで、納得して寝てくれます。たまに足の上に寝られることもありますが、寝づらいようで、結局、ママの頭の横にきます。
曜日で優先順位が決まってるので、曜日が違う子は水平に横に寝たいとは言わないのは楽です。

さらに、長男は手をつなぐ必要も!

さらに長男は手をつなぐことを強要(!)してきます。
我が家の長男は手フェチ。つなぎ方、向きにこだわりあり、色々大変。
でも、次男が泣けばそのお世話もあるので、要求通りに手をつないでいられません。片手は添い乳やミルクをあげながら次男を寝せ、片手は背後の長男とつなぎます。けっこう辛いですが、ストレッチと思えば…。
そして、たいてい次男が先に寝るので、その後は普通に手を繋つなぎます。そのときに長女も手をつなぐことを求めてきたら、片手ずつ手をつなぎます。長女が求めないときは、長男が両手を求めてくるので、両手をつなぎます。いずれにしろ、必ず両手がふさがります。
ちなみに、長男は夜中にも「おてて~」と手を要求してくるため、夜中に家事をすることもままなりません。(これが一番辛い…)

たまには一人で寝させて!

次男がわりとおとなしくすぐ寝るのでなんとかなってる我が家の寝かしつけ。
でも、たまには一人で広く寝たいなぁ~というのが本音。
日曜日は割り振りがないので、ママが次男だけと寝る日と決めていますが、やっぱり、それは許してもらえず日曜日に喧嘩が勃発するのでした。
やれやれ。
でもこんなモテ期は二度とこないとあきらめて、今夜も3人に囲まれて寝るのでしょう。

ママの取り合いは曜日で決めて解決!人生最大のモテ期を満喫!?

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
みさっちさん

フルタイム勤務をしながら、都内で6才娘と3才、0才の息子を育てている30代ママです。 こどもたちの「ママ大好き♪」に癒されながら、毎日バタバタ過ごしてます。

みさっちさんの記事一覧 v-right