/ 2021.11.18

賃貸だから…と諦めていた食洗機

長男出産時の育休明けに食洗機を購入しました。

わが家は賃貸マンションなので、スペース的に置けるのか?と心配していましたが、案ずるより産むが易し。まずは見に行ってみようと家族でビックカメラに食洗機を見に行きました。

賃貸なら「据え置きタイプ」でPanasonic一強!

分譲住宅の場合はビルトインタイプも検討できますが、賃貸の場合は据え置きタイプがほとんどでしょう。

そして国内メーカーで据え置きタイプの家庭用食洗機を生産しているのは、なんとPanasonicのみ。種類で悩む必要はほとんどありませんでした。

ちなみに1〜2人用の食洗機であれば他のメーカーでもいくつか生産されていますが、せっかく買うのであれば絶対ファミリータイプ(4人〜)がオススメです。

ファミリータイプであれば朝晩両方の食器を一度に洗えますが、1〜2人用だと大人の夕飯の食器が入るかどうか…という感じで「せっかく購入したのに結局食器洗いから開放されない」ということになりかねません。

必要なスペースは「35×60」

わが家は「5人用(40皿)」のタイプに決めようと思いましたが、ここで気になるのが設置スペース。

量販店で相談したところ、事前見積もりサービスがあったので実際に来てもらい寸法を測ってもらいました。結果、無事入ることがわかったので安心して購入しました。

今回選んだタイプは「横幅35センチ×奥行き60センチ」のスペースがあれば設置できるとのこと。

もし賃貸にお住まいで、スペースが気になって食洗機を迷っている場合は一度見積もりに来てもらうと良いと思います!

購入にかかった費用は…?

食洗機本体が約6万5000円
分岐水栓と延長ホースがそれぞれ3000円、1500円
その他工事費用などで9000円
全部で合計約8万円でした。

そこそこの出費ですが、その後のQOLが爆上がりしたので費用対効果は十分です。

こんな人に食洗機はオススメ

新・三種の神器とも言われる食洗機ですが、特にこんな人には非常にオススメです。

・夫婦で「食器洗い」タスクで揉めることがある
・水仕事による手荒れで悩んでいる
・食器洗いの時間がもったいないと思っている
・シンクに溜まっている食器を見るとストレスがたまる

私は上記全てに当てはまりました(苦笑)。

食洗機を購入した結果全てが解消されたので、もやもやを抱えている人はぜひ一度量販店に行ってみてください!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
Amiさん

2020年11月に第二子を出産し、2歳差男子2人との賑やかな4人家族生活が始まりました!長男出産後は都内企業で時短勤務、現在は産休育休中のワーママです。
体力無限の2歳男子に振り回されつつ、家族一緒にお出かけするのがなによりの楽しみ!育休中にスキルアップを兼ねて個人のブログも始めました。

Amiさんの記事一覧 v-right