/ 2021.10.14

わが家の次男(年長児)は、入院歴もある喘息っ子です。季節の変わり目はもちろんなのですが、台風が近づくとそれまで元気だったのに咳が止まらなくなってしまうことが多くこの時期は注意が必要です。また、風邪をひくと、咳が長引くなと思っていたら喘息だったということもありました。

小児喘息と診断されたきっかけは?

思い返すと次男は、生後1カ月の頃と1歳なりたての頃とで2回「RSウイルス」にかかりました。しかも、RSウイルスがきっかけで気管支炎となってしまったのです。その際、医師に「成長するにつれて喘息が発症する可能性が高い」とのお話を聞いていました。

そんな話を受けていたのですが案の定、2歳の頃台風シーズンと共に喘息発作を起こしてしまい入院となりました。その際に、アレルギー検査を受けたのですが結果はこのようになっています。

検査結果をみても分かる通り、ハウスダストとダニの数値が特に異常です。ちなみに私も幼い頃は、小児喘息+食物アレルギー(青魚・果物)でした。夫は、幼い頃から今現在も喘息持ちなので長期管理の薬を服用しています。

長男(小2)も食物アレルギー(鶏卵・乳製品)+幼児期は喘息がありましたが最近は発作が出ることなく落ち着いてきています。家系をみてみるとやはり喘息持ちなどといったアレルギー体質が多いので、遺伝も関係していると思います。

喘息入院をきっかけに購入したアイテム

喘息の息子を持つ我が家での買って良かったアイテムを2点紹介したいと思います。どちらもお値段的には、正直言ってお安くはないのですが、喘息時だけでなく本当に買ってよかったと心から思えるアイテムです。長い目でみたら高くないのかもしれません。

「小児用パルスオキシメーター」購入時価格:13,750円

※こちらは決して喘息の治療に必須なアイテムではありません

恐らくコロナウイルスの流行で家庭用に購入したという方は多いかと思います。こちらは小児用です。大人用は大きすぎて正しく計測できない場合があるとのことで、小児用と書かれているものをネットで探して購入しました(小児用は乳児の場合、足の親指でも計測できます)。

当時、息子の保育園でのマークがカエルだったので、こちらのデザインを選んだのですが、かわいらしくて息子も嫌がることなく、指につけさせてくれていました。

人によって正常な時の数値が違います。

(例:次男の場合)
正常値:血中酸素飽和度(SpO2)98~99
入院時:SpO2が一時90まで下がりました。

平熱を知っておくように普段の数値を知っておくことで、いざという時体調の変化により正確に気付くことができます。

わが家が必ず使用するタイミングは
・夜中に咳で苦しそうで眠れず、発作を疑うとき
・ネブライザ(吸入器)を使用する際の前後
・病院に受診する前(電話予約の際に、現在Sp2〇~〇の間の数値を示していると伝えるため)
です。

最高数値を見て、この数値なら早朝の受診でも大丈夫かなと安心できたり、夜間救急に連絡しようといった受診の目安にもなります。

子どもは特に見た目では不調が分かりにくいときがあるので数値があると心強いですし、安心材料になります。なかったらないで良いのかもしれませんが、わが家の場合はかなり重宝しています。

オムロン「コンプレッサー式ネブライザ 吸入器」購入時価格:14,300円

喘息発作が出てしまった場合、内服薬や貼付薬(わが家の場合は、汗で取れやすいのでこちらも粉薬にしてもらっています)だけではなく、吸入が必須となります。

長男が喘息で通院していた頃は、小児科で休日や祝日も吸入をしてもらっていたのですが、次男の場合は医師からもネブライザの購入を勧められたこともあり小児科で使われていたものをネットで探して購入しました。幼い息子2人を連れて小児科に行く手間を考えたら本当に助かるアイテムです。

喘息発作が起こるときってなぜか深夜だったり、休日・祝日といった小児科がやっていない時間帯だったことも多かったので、自宅にあれば気にせずに使用することができます。

ネブライザ単体では吸入はできません。小児科でこのような薬液を処方してもらわなければなりません。

処方してもらった薬液をこちらに入れてスイッチを押すだけで簡単に吸入をすることができます。使用後も全て分解して洗浄、お手入れをすることができるのでうれしいです。

これは購入してから、もっと早く買えば良かった~と感じています。

おまけ!

ぎゅってママブロガーのゆうまりさんも紹介されていましたが、下記のリンクから申請すると、このようなキーホルダーが無料でもらえます。コロナ禍で、少し咳をしただけでもまわりの目が気になるかと思いますので、気になった人はぜひゲットしてみてくださいね。

この時期の喘息、辛いですよね。わが家は長期管理の粉薬も内服しています。子どもには水分をこまめによく取らせてあげてください

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
yumiさん

東京都在住。長男(8歳/小2)、次男(6歳/年長)の母です。保育士兼サロンモデルをしています。
家族でアウトドアが大好きで毎月キャンプに出掛けるのが楽しみです。

yumiさんの記事一覧 v-right