/ 2022.04.04

わが家の味噌汁レシピ

子どもたちの好き嫌いが多いので、お味噌汁にはとにかく野菜をたっぷり入れるようにしています。余り物野菜をできれば3種類以上、これがわが家の味噌汁レシピです。

味噌汁を具だくさんにすること、それともうひとつこだわっていることがあります。汁物は毎日作りたいので、とにかく時間をかけずに作ること!

時短1.出汁はとらない

簡単に出汁がとれる出汁パックも用意していますが、ズボラな私はそれさえも面倒に感じてしまい(笑)、鰹節パックと刻み昆布を愛用しています。お味噌汁の具と一緒に、手で細かく砕いた刻み昆布や鰹節パックを入れるだけ。

鰹節パックは袋のまま手で揉みこんで粉末状にし、鍋に入れるだけ!これで、出汁をとらなくても美味しいお味噌汁に仕上がるのでオススメです。

あとはツナ缶やサバ缶、お肉などもよく投入します。お魚やお肉からしっかりお味が染み出して、ボリュームたっぷりのお味噌汁の出来上がりです!

時短2.皮をむかない

人参や大根の皮はむきません!皮には栄養がたくさん含まれているというし、なにより面倒で…(笑)。その代わりしっかり洗い、黒ずんでいる部分は取り除きます。

時短3.片栗粉はとかない

スープにとろみをつけたいとき、スープにふわふわたまごをいれたいとき、水とき片栗粉を入れますが、私はズボラなので一番始めに片栗粉を鍋に入れ、その後に水を注ぎます。

わざわざ水で溶いた片栗粉を入れる手間なく、片栗粉がダマになることもないのでズボラな私にピッタリ!邪道な作り方ですが、とにかくスピード重視な人にオススメです。

おかずにもなるお味噌汁が理想です!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ヒロコッティさん

ずぼら主婦兼会社員。 子どもと過ごせる時間が短いからこそ、家族の休日には楽しいお出掛けに繰り出しています。 趣味は、ずぼら流ハンドメイド。

ヒロコッティさんの記事一覧 v-right