/ 2022.06.16

趣味は毛糸を編むこと

こんにちは。最近、3歳の息子が「うそ!まじ!?」って言うようになりました。年相応の言葉遣いをするように気をつけようと思った僕です(多分僕のせい)…。

さて本題ですが、去年娘が保育園の年長さんだった時にクラスの大半が編み物にハマりました。そのブームはクラスの枠を超えて年中、年少クラスにまで及び、先生たちは園児が作ったマフラーを皆んな首に巻いているほどのビックウェーブでした。

そのときに培った技術を家でも発揮しているわが家のお姉ちゃん。技術は錆びないもので今も趣味でミサンガなんかを作ってくれます。

いや、そもそもミサンガなんてどうやって作るの?ちょっと聞いてみました。そしてついでに教えてもらいました。

使う道具がとってもシンプル

材料に毛糸が必要なのは当然ですが、制作に使う道具はこのなんというか、段ボールの…まる??これだけ。ともかく、これに糸を通して器用に作っていく様子はもう匠の域です。世間話をしながら編み込んでたらもう雰囲気はお母さんです。

余談:匠のポリシー

完全な余談ですが、出来上がったミサンガはよくできているものの長さがマチマチ…。

僕「長さは何で決めてるの?」
娘「糸がなくなるまで」
僕「なくなる…とは?」
娘「……勘?」

感性で勝負するタイプの匠でした。

教えを乞うも匠曰く…

糸を真ん中の穴に通して、クラゲみたいにするのね
あとは空いてるところに向かいの一つ横の毛糸を取って入れてあげるだけ
えーとね…
いや、違う!
そうじゃない!
あ、もういいよ!

秒殺で破門されました(泣)。

出来栄えはなかなかです

もらったミサンガは休日に付けています。冬にはマフラーも作るつもりだとか。今後の成長に期待です。

しかし、お父さんには難しかったなぁ!(笑)

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
まさ太さん 色々な現実とガッツリ取っ組み合う3人の子供の父親です。

6歳(女)、2歳(男)、0歳(女)。自分の感じた育児や家事での使えそうなあれこれ(失敗、反省談も…)をパパ目線でゆるく共有していきたいと思っています。何も特別なことはない普通の父親の普通の(はずの)育児ですが、少しでも役に立てれば嬉しいです!

まさ太さんの記事一覧 v-right