これこそ究極の時短メニュー、知った時は感動しました

最近、「完全栄養食」という言葉を耳にする機会が増えましたよね。1食分の栄養をすべて補えるという意味での「完全栄養食」。以前、テレビで「BASE PASTA」が紹介されているのをたまたま見たとき、「これだ!!」と感動したのを覚えています。

忙しい主婦にとって、毎日の食事は最も時間を取られるもの。栄養バランスを考えてメニューを考える→買い出し→作る→片づけ、のサイクルは全く効率的ではないのに、いつまでも続くのです。たまには適当に済ますこともできるけど、やっぱり家族のことを考えると栄養バランスは気になってしまいます。

みんな大好きなパスタに栄養を練りこむという発想…考えてみるとシンプルで素晴らしいけど、なんで今まで誰も思いつかなかったんだろう?と思いました。

1~2分茹でるだけでできあがり!栄養満点で心も体も余裕ができます

そんな食事の悩みを一気に解決してくれるこの「BASE PASTA」。1~2分茹でて好きなソースに絡めるだけで、おいしいパスタができあがります。特に疲れていたり時間がない日は楽に食事の用意をしたい!でも健康なメニューにしたい!という希望が両方叶うんです。なんて素敵。

麺の太さは2種類で、フィットチーネとスパゲッティ。スパゲッティのほうはやや細く、茹で時間も1分です。食感はもちもちしていて味はライ麦パンとか雑穀パンのよう。素材のうまみが感じられるお味です。材料は小麦全粒粉、大豆粉、もち米、米ぬか、チアシードなどなど…体に良さそうなものがぎゅっとつまってます。

我が家のおすすめは「トマトソース+細切りチーズ」か「クリームチーズのカルボナーラ風」

専用ソースはHPでも売られていますが、うちでは家族全員分を作るのでソースもまとめて作っています。レシピブックなども送られてきて様々なアイデアレシピが載っているのですが、そもそもパスタだけ食べても栄養満点なので、あまりソースにこだわる気がしません(笑)。

そしてこのパスタを食べるときは大抵時間がないときなので、ささっと作れるものにしています。もちろん市販のパスタソースを使うときも。

今回はとても簡単に作れるチーズソースをご紹介。

(分量1人前)
1.パスタを1~2分茹でます。

2.無調整豆乳100mlを別の鍋で温め、粉チーズを大さじ2杯加えて溶かします。

下の写真くらいのとろみがついたらOKです。

3.黒こしょう少々を加えて混ぜます。粉チーズの塩気が意外としっかりあるので塩は入れなくてOKです。

4.クリームチーズを1㎝角くらいに切り分けます。写真のような小分けチーズを使うと楽ちんです。

5.ゆであがったパスタと一緒に切ったチーズを鍋に入れ軽く絡ませます。

6.お皿に盛りつけてパセリを散らしたらできあがり。

たぶん全ての工程が5分くらいで終わります(笑)

1歳と3歳の娘たちも食べてます

もちもち食感が好きな人なら、このパスタはきっと大好きなはず。うちでは、短くカットして娘たちにも食べさせています。

一見すると1食分の量はそれほど多くないのですが、バランスが良いおかげか結構すぐにお腹いっぱいになります。それでも量が足りない場合はもやしなどでかさ増しを。

腹持ちも良く、普通のごはんよりどっしりお腹にたまる感じです。素材がつまっているので、よく噛んで水分と一緒に摂るのが良いと思います。作る時間は短いけど、もっちりしているので早食いには向きません。

残念ながら、うちの夫はもちもち食感が苦手なので、このパスタも最初「なにこれ?」という反応でした。でもいろんなソースを試した結果、上に紹介したチーズソースはもっちり食感と相性が良かったようでペロリとたいらげていました。ソースを工夫すれば、我が家でもみんなで食べれそうです。

これからもきっと続々登場するであろう完全食に期待!

「BASE FOOD」からは、「BASE BREAD」というパンも発売されています。こちらも1食の栄養がパンで摂れてしまうという素晴らしい発明品です。材料はパスタのほうと似ていますが、もともとが雑穀ぽい味なので、むしろパンのほうがしっくりくる感じでした。とても美味しくて子供でも食べやすいです。

これからも、忙しいママたちのためにいろいろな形の完全栄養食が出てくることに期待しつつ…。

新しい時代、いろいろ時短して有意義に過ごしましょう!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
maruriさん

韓国人の夫、ふたりの娘と暮らすマイペースママ。15年前から実母を介護している。育児も家事もマイペースに奮闘中。

maruriさんの記事一覧 v-right