定番メニュー:カレー

子どもに合わせて『甘口』を作るけど、本当は『辛口』が食べたい私。だけど、分けて作るのがめんどくさいから、好みの辛さはあきらめて子どもと一緒の『甘口』カレーを食べる。もう何年『辛口』を食べてないことやら…。

ただ単に辛さの追加だけなら一味唐辛子などでもいいんだけど、できればカレースパイス的な辛さが欲しいんだよな~。

そんなわが家の食卓事情を変えてしまう救世主を近所のスーパーで見つけました!店頭に2つ並んでて、悩んだ結果どっちも買ったぜ!

『カレープラス鮮烈バリ辛ブレンド』ヱスビー食品

希望小売価格:130円(税別)
内容量:14g
主な原材料:赤唐辛子、ブラックペッパー、コリアンダー、カルダモン、ホワイトペッパー、クミン、クローブ、マスタード、シナモン

こちらの商品の推し文句は「ブート・ジョロキアを使用し、8振り程度(0.4g)で中辛がバリ辛に!」だそうです。原材料から見ても、まさに求めてるもの達の詰め合わせ!期待大。

『カレープラス辛さ自在』ヱスビー食品

希望小売価格:145円(税別)
内容量:0.5g × 10本入り
主な原材料:デキストリン、食塩、赤唐辛子、ブラックペッパー、ソースパウダー、ローレル、タイム、ナツメッグ、クローブ、バジル、メース、ローズマリー、カルダモン

1回分の量が決められてしまってるので微調整がしづらい。だけど、個包装のおかげで風味を損なう心配なし。持ち運びにも便利。(持ち歩く機会があるかどうかは疑問だけど)

原材料に含まれる『デキストリン』ってなんぞ?と思って調べたら、「でんぷん」だって。離乳食にもよく入ってる成分だそうで、主に「とろみ」目的らしい。

さらに、デキストリンに含まれる植物繊維は便秘解消やダイエットにも効果があるそうで特定保健用食品として許可されてるそうです。あらまぁ!魅力的!(全体量0.5gしかない個包装なんで、微量すぎて期待はできないだろうけど…)

というわけで、辛み成分ではなさそうです。辛み成分の唐辛子は含有量3番手みたいなので、バリ辛ブレンドに比べたらマイルドな辛さと予想。

同じ量を振りかけてみました。

辛さ自在とバリ辛ブレンドを同じ量だけふりかけてみました。見た目を比べるだけでも、バリ辛ブレンドの方が赤みが強い!

よくまぜまぜして『いただきますっ!!』

まず、「辛さ自在」から。
甘口カレーが中辛に近い(中辛ほどではない)辛さになりました。甘口のもったりした味付けに辛みが加わっただけでなんておいしくなるんでしょう!でも1本だとまだモノ足りないかな?個人的には1皿2本使いたい。

つぎは、「バリ辛スパイス」。
食べた直後はよくわからなかったものの、次第に「あれ?辛…。イタっ。舌がイタイ。」と。激辛あるある。辛さ自在と同じ分量で、辛さ自在2本分の効果がありそうです。甘口カレーから辛口一歩手前に近づいた感じ。

両者ともカレーに使われるスパイスも調合されているので、ただ辛いだけじゃなくてカレーの風味も良くなります。

ガツンとした辛さを求める夫はバリ辛スパイス推し、辛いのも好きだけど中辛程度で十分な私は辛さ自在推し。(あわよくば美容効果に期待)

カレー専用のスパイスになりますが、作り分けしなくても辛いカレーを食べれるなんて、買って損なし商品です!

辛党のみなさん!甘口カレーからグレードアップしてみませんか?

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さいかなさん

フルタイムで働くママ。仕事もバリバリこなしたい!でも家庭も大事にしたい!何を優先すべきか日々模索中。趣味はおでかけ。ヒマさえあれば、旅行ガイドブック読んで脳内トリップ!

さいかなさんの記事一覧 v-right