今だけのお楽しみ♪クリスマスイルミネーション

こんにちは!双子ママのゆっきーです。
もうすぐクリスマス。ツリー飾りやイルミネーションが街を彩り、子どもも大人もワクワクの季節がやってきましたね。
そんな気分を盛り上げる、関東・神奈川でおすすめの宮ヶ瀬のジャンボクリスマスツリー&イルミネーションをご紹介します。

わが家が先週末におでかけした際には、巨大クリスマスツリーと空一面に広がる大迫力の花火のコラボレーションも!
今だけ限定のキラキラな世界に包まれて、2019年を美しく締めくくってみませんか?

「宮ヶ瀬クリスマスみんなのつどい」とは?

神奈川県愛甲郡の宮ヶ瀬湖畔で開催されている「第34回 宮ヶ瀬クリスマス みんなのつどい〜宮ヶ瀬光のメルヘン〜」は、毎年25万人が訪れるという、神奈川屈指の人気イルミネーションスポット。

12月25日まで毎日、17時から22時まで点灯しています。ちなみにこちら、入場料はなんと無料!
この日はクルマで訪れたので、近隣の駐車場代1,000円だけで楽しめました。

高さ30mを超える本物の自生もみの木を約1万個の電飾で彩ったジャンボクリスマスツリーは圧巻。見上げるだけでしばし時を忘れる美しさです。

その向かいには、ジャンボクリスマスツリーより少し小ぶりな「レインボーツリー」が。
次の世代を担う後継ツリーとして、群馬県の八ッ場ダムから移植されたもみの木とのこと。
こちらは、次から次へと色や輝きが移り変わり、華やかな魅力のあるツリーです。

そして、約60万個のLEDが煌めく「水の郷大つり橋」は、まるで夢の中に迷い込んだかのようなファンタジーの世界で湖上をつなぎます。
この橋は中学生以上一人300円で、歩いて渡ることもできます。小学生以下は大人の付き添いがあれば無料です。

大つり橋の脇の湖面にある大噴水「虹の妖精」もライトアップされ、幻想的な雰囲気を盛り上げます。

わが家の子どもたちはライトアップされた大迫力の噴水が気に入ったようで、見とれてしばらくその場を離れませんでした笑

クリスマスツリーに向かう「光のトンネル」も幻想的な空間。
歩く人たちもみな、自然と笑顔になる魔法の階段です。

ぜひ乗るべき!ナイトトレイン「ミーヤ号」

イベント期間中は、17時からナイトトレイン「ミーヤ号」が運行。乗車料金は、大人(中学生以上)500円、子ども(小学生)300円、幼児(4歳以上の未就学児)100円です。

約10分間の短い旅とはいえ、徒歩では立ち入ることのできないジャンボクリスマスツリーの真下まで行けるのは「ミーヤ号」だけ!

大人気のため、乗り場付近には大行列ができていました。
私たち親子は寒空(気温5度!)の中、30分ほど並んでようやく乗車できましたが、山の夜は冷え込みが厳しいので親子共々防寒対策をしっかりとして出かけると◎です。

だんごにモツ煮、お好み焼き…グルメも楽しい!

周辺の「水の郷商店街」には、お土産をはじめ、食べ歩きできるグルメも盛りだくさん!

レトロな店や、お祭りの屋台が立ち並ぶ中、そば、うどん、モツ煮、だんご、鮎の塩焼き、クレープ、お好み焼きなどなど、美味しいニオイにつられて、親子でついつい誘惑に負けてしまいます…。

特にこのお団子はモッチモチで美味!子どもたちからのリクエストて、行きも帰りも買ってしまうほどでした。

グルメも見逃せない楽しみのひとつ!ぜひお腹を空かせて訪れてみてくださいね。

遊具もあり、丸一日楽しめる!

近隣には遊覧船や、17時まで開放されているアスレチック遊具、室内遊び場もあるので、体を動かして遊ぶこともできます。
イルミネーションが始まる前から思いっきり楽しめるのもうれしいポイント。
子どもたちは、「お友達もできて、いっぱい遊べて楽しかった!」と、お気に入りのスポットになったようです。

クリスマスは宮ヶ瀬で

12月25日(水)には、花火も開催予定。本物の巨大クリスマスツリーと、しんと冷えた冬空に降り注ぐように広がるダイナミックな花火の競演は感動的!
クリスマスはぜひ宮ヶ瀬で、親子で日常を忘れるような素敵なひとときを過ごしてはいかがでしょうか?

想像を超える美しいイルミネーションとグルメの数々。クリスマスは宮ヶ瀬で♪

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ゆっきーさん

6歳(小1)の双子女子を育てながら働く、神奈川在住のワーキングマザー。お出掛け&美味しいもの好きで、野菜ソムリエの資格も取得。“楽しい!美味しい!オトク!”を共有しましょう!

ゆっきーさんの記事一覧 v-right