/ 2020.04.06

お家時間にサクッと読書はいかが?

家で過ごす時間がぐっと増えましたね。私は独身の頃はおうち時間といえば読書!というくらい本が好きでした。

ところが今は…日々の育児や家事で本を読むどころじゃない!本を読むくらいの時間があれば、この育児疲れの体を睡眠で癒やしたい…となってしまいました。

でも、ここ最近は休日も終日家にいることがほとんどで、旦那が子どもと遊んでいる時に空き時間が!とはいってもちょっとした隙間時間。

そんな時間でもサクッと読めるおすすめのコミックエッセイやミニエッセイを3冊紹介します。

育児中のあるあるがいっぱいの漫画!

1冊目は、東村アキコさんの漫画「ママはテンパリスト」(集英社)です。全4巻です。

私はイラストのかわいさ、ストーリーの面白さで東村アキコさんの漫画はどれも好きなのですが、ママはテンパリストは独身の頃に始めて読み、えっ、想像している育児じゃない!と驚いた思い出があります。

結婚し、子どもが産まれ育児に追われている今読むと…もちろん面白いけど、あるあるが、共感が、たくさん!!です。

お買い物欲が解消される!?

2冊目は山内マリコさんの「買い物とわたし」(文藝春秋)です。

ひとつのテーマで4ページ前後(文庫版)なのでちょっとした隙間時間に読めます。

買い物をテーマにしたエッセイは、どれも楽しくて…読みながらお買い物気分が楽しめます。外出ができるようになったらこんなもの買いたいな〜と妄想も膨らみますよ(笑)。

お腹の中の様子が分かっちゃう!?

3冊目はEMIさんの「子宮の中人たち」(角川書店)です。過去にネットで大ヒットした作品なのですが妊娠中はもちろん、出産を経験した人もしていない人も楽しめる漫画です。

シンプルな絵がかわいく、今お腹の中でどんなことが起こっている?ちょっと覗いてみたら本当にこんな世界だったりして!とわくわくします。

私は現在第二子妊娠中なのですが、上の子に構っているとなかなかお腹の子のことを思う時間が取れず。上の子の時に買ったこの1冊をちょこちょこ読み返してお腹の子のことを考えています。

ちょっとした息抜きに

おうち時間が増えたといっても、なかなかママ世代は自分の時間はたっぷり取れませんよね…。

いつもの日常と違う日々に皆ストレスもたまりがち。少しでも自分の好きなこと、ストレス発散になることを見つけて上手に自分の機嫌を取りつつ毎日を乗り切りたいですね。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
るるさん

30代子育て真っ最中!2人目妊娠中の主婦です。2歳の息子は誰に似たのか色白スレンダー。緑に囲まれたのどかな田舎で育児をしています。のんびり、たまにバタバタ新米ママの毎日を楽しんでいます。

るるさんの記事一覧 v-right