/ 2021.08.06

母が昔友人から教わったカレー

カレーの一般的な具材は、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、お肉が多いですよね。今回は、2つの具材のみを使って作る「喫茶店風カレー」(わが家ではそう呼んでいます)を紹介したいと思います。

どちらも火の通りが早いので、さっと作りたいときの時短レシピとしてもおすすめです。

■材料

玉ねぎ…2個(写真の玉ねぎは小さ目なので3個使用しています)
シーチキン…1缶
お好みのカレールー
※分量はお好みで調整してください

■作り方

1.玉ねぎをみじん切りにし、しばらく水にさらす
フードプロセッサーを使用すると簡単ですが、食感は手切りの方がおいしくできあがります。

2.少量の油で、1を飴色になるまで炒める

3.水(入れた量を覚えておく)とシーチキンを加えて、5分ほど煮たあと、カレールーを入れ、しばらく煮込んだら、完成!

トッピングを楽しめるシンプルカレー

わが家では、カレールーを入れるタイミングで、大人用と子ども用に分けています。玉ねぎ多めでしっかり炒めて、甘味を引き出しているので、子ども用カレールーでなく、普通の甘口ルーを使用していますが、1歳の次女もパクパク食べてくれます。

じゃがいもを使用していないので、多めに作って冷凍しても、味が落ちにくい点もありがたいカレーです。

このままで食べてももちろんおいしいですが、シンプルなので、ウインナーや味卵、ハンバーグ、枝豆、コーンなどのトッピングを楽しむのもおすすめです。ぜひ、いろいろなトッピングを楽しみながら、作ってみてください。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nimo*さん

元食品メーカー勤務のフリーライター。4歳と1歳の姉妹の母。趣味は食品工場見学で国内外問わず、200か所以上足を運んでいる。夫の転勤のため、17年11月より台湾高雄にて駐在生活中。そんな台湾での子育てライフをぎゅってWeb内“台湾あるある子育て絵日記”にて紹介中。

nimo*さんの記事一覧 v-right