子どもはなぜ夏でも外に行きたがるのですか…?

こんにちは、kikoです♪連日の猛暑で夏バテ気味。平日の通勤ですらやっとなのに、週末になれば「どこか連れていけ」と言わんばかりに騒ぎだすウチの息子。「体力の限界!今週は本当に無理です…」と白旗がわりに購入したもの、それがこの幼児ドリルです。

おもしろくてためになる
キャラクタードリルシリーズ
『機界戦隊ゼンカイジャー 
3・4・5さい ひらがな・かず ドリル』
講談社 定価825円(税込)

4歳の息子は去年スーパー戦隊デビューをしました。ふたり姉妹で育った私も戦隊モノはそれまで無縁。息子と一緒にデビューしたのですが、先代の『キラメイジャー』に親子でどっぷりハマり、ヒーローショーも見に行きました。

今年になるとスーパー戦隊は45代目の『ゼンカイジャー』にシフト。

…息子よ、どうかこのドリルで数時間、おうちにとどまってくれ!お願いだから夏の真っ昼間に「公園行きたい」とか言わないでー!!

母の作戦、大成功!?

「ちょっと時間を稼げて、ちょっと文字に興味が湧けばいいなー」という気持ちでドリルを与えたところ、息子がまさかのどハマり!

「もっとやるー」「次のページもやるー」「まだドリルやってるからあとで遊ぶー」と、母の誘いを断ってドリルをどんどん進めていくのです。いつの間にかお出かけを待たされるのは母のほう…。

そして、初回にこなしたのはなんと25ページ(見開き12ページ半)。…いやいや、期待以上すぎる(笑)。

ハマるドリルの要素を検証してみた!

こちらのドリルの内容は「えんぴつ・うんぴつ・ひらがな・かず」に分かれています。ワークの問題文は大きく読みやすいひらがなで書かれているので、4歳児の子どもがひとりで問題を理解し、ドリルを進めていくことができました。

全ページカラーでキャラクターの写真も多く、番組を観ているからこそわかる『あのシーン』が描かれていて「こんな怪人いたよね」「このお話覚えてる!」と振り返るのも楽しい。

購入時はひらがなや数を鉛筆で書くワークが多くて、続けられるか心配だったのですが、最終ページに最大の仕掛けが隠されていました。

圧巻の『歴代ヒーローレッド45体』のご褒美シール!男の子がわくわくして集めたくなるのが分かります。

「明日は早起きしてドリルする!」だって。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
kikoさん

現役薬剤師。元製薬会社勤務。第一子の産休中にフィナンシャルプランナー2級を取得し、家計管理はきっちり主義。1歳&4歳の男の子を育てる『ママレード・ボーイ』世代のアラサー主婦♪美味しいものが大好きなので、おうち献立は日々アップデートしたいと思っています!

kikoさんの記事一覧 v-right