卒乳?断乳?両方失敗

こんにちは。お読みいただきありがとうございます。フィットネスインストラクターで3人のママ、ひろこです。末っ子の娘が3歳を迎え、気付けば夜のみですが、おっぱいがやめられず、どうしたもんかと思っていました。

上の子2人は、全くこんなことがなかったので、3人目にして卒乳や断乳で苦労するとは思いませんでした。結果、断乳も卒乳もできませんでしたが、チャレンジ中に助けられたアイテムを紹介します。

どなたかのお役に立てるといいなと思います。

主人お気に入りの本

『おくりものはナンニモナイ』という本なのですが、これは子ども用に買ったわけではなく、主人が昔買った本。少し考えさせられるような内容なのですが、絵と文がシンプルなので娘も気に入っており、夜の寝かしつけにずっと読んでいました。

考えさせられるストーリーだからこそ夜の穏やかな時間にぴったりでした。

いわゆるジャケ買いした本

こちらの『街どろぼう』は私が卒乳に近い断乳を今回決意して改めて選んで買った本です。とても絵が綺麗です。また、少し長めのストーリーを探していたのでぴったりでした。

しっかりとしたハード系な表紙なので、これから長引くであろう戦いに付き合えるだけの強さを感じたんです。

ハイテク機器も導入

続いてこちらは、親子の時間研究所さんから出てる『おそらの絵本』。アプリを入れ、好きなディスクを付けたこの雲の小さなプロジェクターをスマホに装着。携帯のLEDライトをつけると天井や壁に絵が映し出されます。

ディスクが絵本代わりになり、色々な種類があるのですが、嬉しいのが日本語と英語バージョンがあったり、効果音を自分で押せたりBGMも10種類以上から選べるんです。

こんなにきれい!

こちらは「ふわふわもくもく」という絵本のワンシーンなのですがとても綺麗!苦痛になりかけていたおやすみタイムがリラックスタイムになり、娘とゆったり過ごすことができました。

試し読みもできるのがすごい

ディスクを購入していなくても、どんな本なのかな?と試し読みもできるので、次は何にしようか選ぶのも楽しみのひとつです。

ただ、わが家は天井に映し出していたので手がかなり辛かったです。ベッドやお布団で寝転びながら、絵を映し出すベストポジションをみつけ、そこで固定できるスマホスタンドなどはあるとよりいいと思います!

あおぞら絵本についてはこちら

最終的にはまあいいか、となりました

赤ちゃんでもない3歳児を夜泣きするたびに起きて抱っこしてなだめて…日を追うごとに激しくなりついに私の体力が尽きる形で今回のチャレンジは終了しましたが、たくさんの絵本やアイテムに助けられました。

ぜひお休みタイムのご参考に!

次のチャレンジに備えてアイテム探し中です!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ひろこさん

3人のママ、5人家族です。子どもは男子高校生と女子中学生、1番下は3歳児クラスの娘。
末っ子は小麦、卵、乳アレルギー。

20年近く米軍基地やスポーツクラブにてフィットネスインストラクターとして活動。現在は産後のボディケアをメインにエクササイズをお伝えしています。

アレルギーの事や産後やワーママ向けのエクササイズなど発信できたらいいなと思います。

ひろこさんの記事一覧 v-right