親子丼に見えて親子丼ではない…。これ、肉ではなくツナ缶を使っているチート親子丼なんです!夏休みのお昼ご飯、もうネタ切れ…。や、そうめんは食べ飽きた!というときにぜひ思い出してほしい、完成までたった5分の「ツナたま丼」を紹介します♪

材料はツナ、玉ねぎ、卵

〜材料(一人分)〜
ツナ缶・・・1個
卵・・・1個
玉ねぎ・・・適当
ご飯・・・適当

めんつゆ・・・大さじ1くらい(適当)
砂糖・・・小さじ1くらい(適当)
みりん・・・大さじ2分の1くらい(適当)

ほとんどすべてが適当で申し訳なくなってしまいますが、わかりやすいのが1人前でツナ缶と卵ひとつずつという点です。3人前や4人前など、倍数にしやすいんですよね♪

玉ねぎは火が通りやすいように薄めに切ります。油を熱したフライパンで炒めたら、次にツナ缶をIN!!

私はオイル無添加のツナを買っているので汁ごといっちゃいます!油入りなら汁は軽く切った方がいいかもしれません。

そして調味料で味を整えたら、最後に溶き卵を入れてぐーるぐーると大きく混ぜましょう!半熟あたりで火を止めて、出来上がり!

ほら!完成まで5分もかかっていませんよ〜!

お手伝いもさせやすい♪

うちの長男は今お手伝いブーム到来中です。皆様のお子さんはどうでしょうか?

キ〇ーピー3分間クッキングや、クッ〇ルンを見るたびに「僕もこれ作りたーい」と憧れの眼差しを向けていて、私が料理をし始めると「僕も何かやりたい!お手伝いする!」と言ってきてくれるのですが…。

急いでいると「また今度ね」と言ってしまいがちな私。そんなこと、ないでしょうか?

このツナたま丼なら普通に作っても5分なので、子どもがやりたがって多少時間がかかっても許せるのもいいところ!

玉ねぎの皮むきや、卵を割って溶いてもらうのをお願いしてみてもいいかもしれません。

仕上げに刻みのりをパラパラするのも地味に面倒な作業なのですが、子どもにお願いすると喜びます♪

子どもの大好きな要素しか入っていないので(ツナ、卵、玉ねぎ)、最近偏食気味な次男もパクパク「おいちいね」と食べ進めていました!

長ーい夏休みのお昼ご飯にぜひ活用して、全国のお母さんお父さん、一緒に夏休み後半戦も乗り切りましょうね!

休日ごはんは頑張らないのが一番!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ハナ*リイカさん 海好きが興じてお魚屋さん歴10年、男子二人の母。

3歳(男)、1歳(男)。時短勤務で水産担当をしています。お魚のことならおまかせあれ!趣味はショッピング。自分の贅沢をしたいのに、気付けば子供服か絵本コーナーばかり見ている溺愛母です。「今日も就寝まで生きて辿り着いた!100点満点!」を地で行くドタバタ・サバイバルな日常です。

ハナ*リイカさんの記事一覧 v-right