/ 2019.04.06

肉じゃがといえば牛肉だけど、鶏肉でもおいしい。

肉じゃがは、日本人のあたたかい家族の食卓の象徴のようなものだと思います。そんな肉じゃがをおいしく作るには、国産の、臭みのない牛肉を買ってくるのが近道だけど、ちょっと高くついてしまう・・・なので鶏肉を使って、節約肉じゃがレシピ、です。

鶏肉で作ると牛肉で作るよりも少しあっさりして、よりおなかに優しい感じの煮物になります。今が旬の新じゃがでぜひお試しください!

材料は4人分が目安です。

《用意するもの》
(材料)
・鶏もも肉:300g
・じゃがいも:3個
・人参:2本
・玉ねぎ:2個
・いんげん(なくてもよい):10本程度
(味付け)
・水:200cc
・酒:大さじ4
・砂糖:大さじ4
・濃口しょうゆ:大さじ4
・粉末だし:大さじ2

1. 材料を切り、鶏肉を焼く。いんげんを使うときは下茹でしておく。

まず野菜を切ります。火の通りにくい人参は小さめの乱切りに、通りやすいじゃがいもは4~6等分くらいの大き目に。玉ねぎはお好みで。

ちなみに、じゃがいもの皮、むきますか?わたしは芽はとるけど、剥かずによく洗ってそのまま使います。そのほうがじゃがいもらしいうまみが残る気がするし、時短だし、それに煮崩れてぐじゃぐじゃになるのも防げます。もちろんお好みで、剥きたい方はむいてくださいね!

鶏肉は一口大に切り、フライパンで焼きます。熱したフライパンに入れたら、焼き目がつくようにしばらくそのまま放置。焼き目がついたらひっくり返して両面を焼きます。

いんげんは、いろどり要員なので面倒ならなくても構いません(入っていたらおいしいけど!)。使うときは、へたを切り落としてから下茹でしておきます。

2. 野菜を加えてまぜ合わせる。

鶏肉に焼き目がついたら、にんじん、玉ねぎを入れて混ぜ合わせます。油がまわったらじゃがいもを加えてまた全体に油がまわるようにざっくり混ぜます。

ちなみに鶏肉はこの時点では中までしっかり火が通っていなくても大丈夫。このあと煮る段階で火を通すので焼き目がついていれば大丈夫です。

3. 味を加えて煮る。

じゃがいもを加えて全体に油がまわったら、水とそのほか調味料を加えて、フタをして煮ます。水は全体の半分くらいの高さになる量に加減してください。

もし水や調味料の入れすぎで煮汁がざぶざぶ多くて、煮物というか汁かこれは、みたいな状態になってしまったら、フタはせずに汁気をとばしながら煮てください。

10分くらいを目安に一度様子を見てみてください。にんじん、じゃがいもに竹串などをさしてみて柔らかくなっていればできあがり。

まだ固いときはもうしばらく煮ますが、煮汁が煮詰まって少なくなっていたら水を足してください。

最後に味見をして、しょうゆ、砂糖で味を加減してくださいね。

下茹でしたいんげんを使うときは、すべての具材に火が通ってからいんげんを加えてください。緑色が映えておいしそうにできあがります。

4. ほっこり煮物。いただきます。

全部の具材に火が通ったらできあがり。この鶏じゃがと、お味噌汁、お漬物でもあればみんな喜ぶ日本人の食卓の完成です!

レシピのこぼれ話。

牛肉を使った肉じゃがは夫の得意料理。彼の作る肉じゃがを私は「お風呂肉じゃが」と勝手に呼んでいます。夕ご飯に肉じゃがを作ってくれる時の手順はこうです。

まず野菜をすべて切り、鍋に入れて、上に牛肉を広げ、砂糖、だし、しょうゆを上から回しかけます。弱火にかけている間に、私はお風呂に入ります(一人のときは危ないので、きちんと見張る人を付けてくださいね)。

お風呂に入っている間にコトコトと肉じゃがが煮えて、お風呂からあがったら出来立ての肉じゃがが食べられるという!

炒める工程を省いたお手軽レシピだけどこれがおいしくて。悔しいぐらいおいしい。学生時代、お金がなかったり行きつけのお店がお休みだったりで外食ができないときに、鍋いっぱいにこの肉じゃがを作って食べていたそうです。

悔しいので、牛肉の肉じゃがは夫にお任せして、私は鶏肉で作ることにしてこのレシピがうまれました。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さん

2人の男の子をもつワーママです。普段は会社員ですがいつかお料理を仕事にしたくて勉強中。まいにちのごはんのことを投稿します。みなさんご一緒に、日々のお料理を楽しみましょう!

咲さんの記事一覧 v-right