こんにちは、kikoです♪わが家には3歳、0歳の男の子がいます。今回の主役は3歳の長男!すっかり「男の子」と化した息子の興味の一部を紹介します。

ガチャガチャって魅力的!

ショッピングセンターのゲームコーナーなどでよく見かけるガチャガチャ。正しくは「カプセルトイ」というようですが、子どもたちにとってこのカプセルトイ(以下、ガチャ)はとっても魅力的!

私が小さい頃も100円ガチャがありましたが、今や1回1000円以上の高額ガチャで豪華景品が当たるものも存在する時代。ターゲットは大人にまで広がっています。

一般的なものは人気キャラクターのフィギュアや実用的な雑貨、ちょっと笑える個性的なグッズなど色々あって1回200円〜300円ほど。お小遣いをもらった子どもたちが特別なときに楽しめる、ちょうどいい値段設定かなと思います。

3歳児「ガチャ沼」にハマる…。

このガチャって…中毒性あると思いませんか?

ガチャ本体はいかにも良い商品が当たりそうな外見で、中がちょっとだけ見える透明仕様。「1回目は欲しいものが当たらなかったけど、次の200円で欲しいやつが出てくるかも…」って何となく期待しちゃうんですよね…。

「ガチャガチャ!」っていう回すときのわざとらしい音や程よい手への刺激もクセになる。まるでこれから食べるぞーって、ポテトチップスの袋を開ける瞬間のあの感じ!

3歳息子、ついに「ガチャ沼」にどハマりしました…。

「底なし沼」に沈んでいく息子

長男の頭の中は、今とにかくガチャガチャでいっぱい!とくにカプセルプラレールのトーマスシリーズが大好きで、買い物に行くと真っ先にガチャコーナーにダッシュ。

「あったよぉぉーっ!!!」

…でしょうね。昨日もそこにあったんですから。

もうその興奮たるや見知らぬ人も目を丸くするほど。保育園に行けば先生にかならず戦果を報告するので、連絡帳には何度も「ガチャガチャ」という単語が書かれる始末。人様の前ではやめてくれ…。ママ恥ずかしい…!

ガチャで人間不信になったパパとママ…

このトーマスシリーズ、ハマると地獄です。

各シリーズそれぞれ17種類ほど入っているのですが、内訳は大きく分けると4種類。

・キャラクター機関車(ゼンマイ)
・キャラクター機関車(連結パーツ)
・情景
・線路のレール

一番当たってうれしいのはもちろん「ゼンマイ車」でゼンマイを巻けば単体で走ります。「連結パーツ車」もゼンマイ車に連結して走らせることができます。

これらのキャラクターものは細部までよく作られていてすごくかわいい!特徴をよくとらえていて表情もそれぞれ違うので、当たるとうれしいんですよね。

問題は17種類の中に「機関車以外」が半分以上入っているということ。

レールの上を走ったり、情景を揃えると豪華に見えるので始めのうちはいいのですが、何回も回してると途中からかぶってくるんですよね…。毎回「機関車」を当てるつもりで回してますから、「その他」が出てくるとがっかり。

・これ確率17分の1になってる?
・こんなにレールばっかりおかしくない?
・補充する人が機関車抜いてない?

息子!!パパとママがガチャのやりすぎで人間不信になり始めてますよぉぉー!!

やめたいのにやめられない…その理由。

1回200円のガチャも3回回せば立派なランチ代くらいにはなります。…そんなのはわかってる!

でも、ねだられるとやめられないのは欲しい機関車が当たったときの息子の表情が「とてつもなくかわいい」!!!

「やぁっっったぁぁぁー!!!」

目をキラキラさせてぴょんぴょん跳ねて顔を紅潮させるその姿にパパとママが「ハマって」るんです。

今、他の何を与えても息子がこんなに喜んでもらえるものがありません。その対象が当たるか当たらないかわからないガチャだなんて…。どヤバイものに手を出してしまいました。

「やめたいのにやめられない」

これを人は「中毒」というのですか?笑

息子「ガチャ中毒」パパママ「息子中毒」

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
kikoさん

現役薬剤師。元製薬会社勤務。第一子の産休中にフィナンシャルプランナー2級を取得し、家計管理はきっちり主義。0歳&3歳の男の子を育てる、ママレード・ボーイ世代のアラサー主婦♪

kikoさんの記事一覧 v-right