/ 2020.04.01

子どもが家にいる時間が長い今こそ読書がおすすめ

春休みの上、外出を自粛して家にいる時間が長いお子さんが多いと思います。せっかく時間があるときにおすすめなのが読書です。

私も4人の子どもたちも絵本が好きで、幼い頃からたくさんの絵本を一緒に読んできました。

そこでこれからテーマに分けて、わが家のおすすめの絵本を紹介していきたいと思います。今回は動物をテーマとした絵本を紹介します。

カラスの〇〇やさんシリーズ

『カラスのパンやさん』『カラスのおかしやさん』『カラスのやおやさん』など

作・絵: かこさとし
出版社:偕成社

私が子どもの頃『カラスのパンやさん』を買ってもらい、今日はどのパンにしようかなとワクワクしながら毎日読んでいた思い出があります。

今や他にもおかしやさん、やおやさんなどさまざまなお店の本が出ていて、わが子たちも同じように、「これが食べたいな。」と選び、話がはずみます。

くまたくんシリーズ

『ぼくひこうきにのったんだ』『ぼくキャンプにいったんだ』『くまたくんのおるすばん』など

作: わたなべ しげお 絵: おおとも やすお
出版社: あかね書房

わが子が幼稚園児のときに大好きだった絵本です。

さまざまな乗り物に乗ったり、お出かけしたり、迷子になったりといろいろなシチュエーションでのストーリーがあり、ドキドキワクワクしながら楽しむことができます。

もう少し対象年齢の低い同じくまたくんのシリーズもあり、そちらも我が子は気に入って読んでいました。

特に『どうすればいいのかな』がお気に入りで、一時期は毎日読んであげていたので、子どもが一字一字覚えていたほどです。

ねずみくんのチョッキシリーズ

『ねずみくんのチョッキ』『ねみくんとねずみくん』『コップをわったねずみくん』など

作:なかえ よしを 絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社

こちらは特に末っ子が幼稚園児のときに気に入り、図書館でほぼ全巻借りて読んだくらい大好きでした。

1ページの文字数が少なく、絵と関連しているので、ひらがなを覚え始めたお子さんの文字を読む練習にも良い本だと思います。

14ひきの野ねずみシリーズ

『14ひきのピクニック』『14ひきのせんたく』『14ひきのあきまつり』など

作・絵:いわむら かずお
出版社:童心社

14匹の野ねずみの大家族がいろいろなイベントを行う物語です。特に四季をテーマにしているお話も多いので、その季節ごとにあった本を選んで読み聞かせしてあげるのに最適です。

『○○をしてる〇ちゃん』などと特定の子を指すことが多いので、どの子かな~と挿絵を見ながらお子さんに聞いてみると盛り上がります。

おさるのジョージシリーズ

『おさるのジョージほんやさんへいく』『おさるのジョージねむれないよる』『おさるのジョージどうぶつだいすき』など

原作:M.&H.A.レイ 訳:福本 友美子
出版社:岩波書店

好奇心旺盛なおさるのジョージがいろいろな体験をしながらハプニングを起こす物語です。

ちょっとハラハラしながらも最後はハッピーエンドに終わり、天然キャラのジョージに癒やされます。

11ぴきのねこシリーズ

『11ぴきのねこ』『11ぴきのねこどろんこ』『11ぴきのねことへんなねこ』など

作・絵:馬場 のぼる
出版社:こぐま社

11ぴきのねこが他の動物と出会って面白いやりとりをする物語です。こちらも私が子どものときからあった本で、親子2世代で懐かしみながら楽しめる絵本だと思います。

ぎょうれつのできる○○やさんシリーズ

『ぎょうれつのできるレストラン』『ぎょうれつのできるケーキやさん』『ぎょうれつのできるすうぷやさん』など

作・絵:ふくざわ ゆみこ
出版社:教育画劇

こちらはレストラン、ケーキやさん、はちみつやさん、すうぷやさん、パンやさんとどれも美味しそうで、読んでいておなかが空いてしまいそうな本です。

やさしい絵のタッチが子どものお気に入りでした。ふくざわゆみこさんの絵本は、他にも動物が主人公でやさしい雰囲気で心温まる絵本がたくさんあります。

ノンタンシリーズ

『ノンタン いたいのとんでけ~』『ノンタン しゃっくりひっくひっく』『ノンタン サンタクロースだよ』など

作・絵:キヨノサチコ
出版社:偕成社

私が幼い頃に一番好きだったのがノンタンシリーズでした。特に『ノンタン おねしょでしょん』が好きで、いろいろな動物のお友だちのユニークな形のおねしょが印象的でした。

おねしょをすると失敗したというマイナスのイメージがこの本で一転するので、小さなお子さんがおねしょをした時に励ますのにも良いと思います。

わが子が幼いときは『ノンタン いたいのとんでけ~』が好きで、転んだりケガをした時によく「とおくのおやまにとんでけ~」と励ましていました。子育てにも役立つ絵本だと思います。

ぐりとぐらシリーズ

『ぐりとぐら』『ぐりとぐらとすみれちゃん』『ぐりとぐらのえんそく』など

作:中川李枝子 絵:山脇百合子
出版社:福音館書店

ぐりとぐらシリーズも有名な絵本で、子どものころから好きでした。特に『ぐりとぐら』に出てくるカステラはとても有名で、小学校の給食でその名のデザートが出てくるほどです。

しろくまちゃんシリーズ

『しろくまちゃんのほっとけーき』『たんじょうびおめでとう』『さよならさんかく』など

作:わかやまけん
出版社:こぐま社

一番有名な『しろくまちゃんのほっとけーき』を読むと、大人も子どももホットケーキが食べたくなります!

くまちゃんの顔の表情がいつも同じなのになんだかほっこりするし、いろいろ想像力を膨らませることができます。文が短いので、文字を覚え始めたお子さんの練習にもちょうどいいと思います。

時間がたくさんできた今こそ、絵本の世界へ!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
SAKIさん

小中高の4児の母で、海外に販売する仕事をしているワーママです。
子ども達のやりたいことを全力で応援しながら、自分時間も楽しむ!をモットーに、子育てや日々の暮らしの中で良いと思ったことをお伝えしていきたいと思います。

SAKIさんの記事一覧 v-right