拾ってきた流木をうまく使えないかな?

ちょっとおしゃれでお部屋にあるとなんだかグッと良い雰囲気にさせてくれる流木。わが家ではインテリアだけでなく、実用的な使い方もしています。そんな流木の使い方を紹介します。

私は神奈川県横浜市に住んでいて、海まで1時間くらいかかります。でも、流木は旅行で離島やら沖縄方面の海によく行くことが多いのでそこで拾ってきました。ちなみに流木を拾う際ですが、国立公園や自然公園でなければ拾っても大丈夫らしいです。また、自然に影響が出るような行為をせず、ビーチに落ちているものだったら拾っても良いらしいです。

流木の曲がった部分を使って帽子収納を作ってみました!

子どもを自転車に乗せるときに使うヘルメット、お外遊びに行くときに使う帽子、親である私の帽子。この夏の時期、帽子はお外に行くときは必須ですよね。でも、帽子は大きいし、なるべく形は崩したくない。そんな帽子を曲がった流木を上手く使って収納に変身させてみました!

作り方は結構単純です。わが家の場合は玄関横に収納棚があるので、その収納棚の木に麻紐で括りつけてみました。特にルールはありません。帽子は軽いし、重くてもヘルメットが落ちなければ良い強度なので100均やホームセンターで売っている麻紐をぐるぐる巻きつけただけです。帽子がひっかかるように流木の向きだけを気を付けてあげて後は好きなように巻き付けました。

センスがなくても流木使ってるだけで、なんとなく素敵になります。一番の目的は帽子の収納なので、帽子をひっかけることができれば良いと思って作りました。

流木3本くっつけただけで帽子が4つはかけられます!帽子の収納はずっと考えていたので良いのができて自分的には満足です。

寝室のシェードがずっと決まらなくて流木で作りました!

わが家は2年ほど前に新居に引っ越したのですが、一番奥にあり、お客さんが見ることがない寝室のシェードはずっと裸電球でした。なかなか良いのが見つからず、誰にも見られることがないということで裸電球でやり過ごしていました。

市販で少し良いなと思っても結構高くて、寝室に高価なシェードはもったいないと思ったりして、なかなか購入にいたりませんでした。でも、ふと思いつき、流木でシェードを作ってみることにしました。

電球を流木に埋め込むときに流木に穴を開けるので、主人のDIY用の工具を借りて作りました。※流木は柔らかくて砕けてしまう場合もあるので穴を開ける際は結構慎重になります

流木に穴を開ける以外は例のごとく麻紐を使い好きなように組み合わせて、最後はフェイクの緑を飾って完成です。寝室の明かりは寝る前のちょっとの時間しか使いませんが、気に入ったものができてこれまた満足でした!

ちょっとおしゃれな花屋さんや雑貨屋さんをのぞいてアイデアをもらっています♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ぼとるのーずさん

結婚前からドルフィンスイムが趣味で週末や連休に島によく行ってました。今はいつか娘と一緒に泳げるように体力つけてます。

ぼとるのーずさんの記事一覧 v-right