年末まであと3カ月ちょっと

お盆が過ぎて、年末の足音が聞こえてくる9月。仕事で忙しくしていると、お盆があけたと思ったら、ふと気づくと新年を迎えていて、ハッと我に返ると新年度、みたいなことがありますよね。

今回は年末の大掃除に向けて、9月のうちにとりかかっておくととってもハッピーな家事を紹介します。年末の大掃除って、男手のあるときに1日ガッツリ、で終わればいいですが、小さい子どもがいたりすると難しいんですよね。仕事も立て込む時期だったり、冬場で家族の体調に左右されたりしてしまうことも。

なので、9月のうちについでのちょい掃除をしておくんです。大掃除のとっかかり、じゃないですけど。この準備を少しやっておくと、年末さらに心軽く走り抜けられますよ!

1.ガスレンジ換気扇・フィルター掃除

ガスレンジの換気扇やフィルターの掃除、たまにですよね。最後にやったのいつだったっけ…。フィルター掃除は、年末のオオトリに取っておこうかな、なんて思いますよね。ちょっと手間だから、気合入れてやりがち。

ただ、それが9月だと状況がちがうんです。なにかというと、気温があたたかいからです!!

12月にもなると、気温が低いので、換気扇やフィルターについた油汚れは固まりがち。落ちにくいんです。「油汚れにはお湯」ということで、たくさんお湯を使うとなると、ガス代もかかります。

それがですね、9月、気温が25℃くらいもあれば、油はまだあんまり固まっていません。手ごわいボスになっていないのです!

なので、「いつものそうじ」くらいのテンションで、食器洗い用洗剤をつけたスポンジでこすれば十分落ちます。時間にして20分くらいでしょうか。このひと手間で年末大掃除の心持ちが軽くなるのが伝わりますでしょうか。「大掃除の手強いボス」ではなく「9月にやったし大丈夫」くらいのテンションで掃除ができます。

9月にガスレンジ換気扇・フィルターそうじ、おすすめです!

2.窓・ベランダ掃除

同じく、気温があたたかいうちにやっておきたいのが窓・ベランダ掃除です。年末にやると、「やった感」は、ありますけどね。でも寒いですから!(特に北側の部屋の窓の外側)年末、防寒着を着込んで掃除するにしても、ホコリっぽくなっちゃいますし。

気温があたたかい今のうちにさーっと、少し拭いておく、ホコリ汚れを半減させておくイメージです。完璧なんて目指さず、ささっと拭く。時間にして15分、20分目標です。

そもそも、家の窓の数や構造でだいぶ違いますから、「自分の負担にはならないくらい」、でもちょっとやっておく、というのがポイントだと思います。わが家は集合住宅なので、ルーバー面格子の掃除が手間なのです。なので、この、一番心のネックになる箇所を少し掃除しておくようにしています。

掃除した直後に台風が来るなんてこともありますが、仮に年末、大掃除が間に合わないぞ!という状況になったとしても、「まぁ9月にやったしね」と思えるのもメリットです。

あたたかいうちに、窓・ベランダ掃除がおすすめですよ!

3.年賀状の準備

年賀状の準備は意外と、それなりに時間を要しますよね。この1年、無事に過ごせていることに感謝しつつ、家族で相談しておくのがおすすめです。11月の七五三の準備と合わせて考えられたりもしますし。

家事ではありませんが、着手しておくと余裕が生まれるということで紹介です。

大掃除は12月になってからやるもの、と言うけれど

ええ、わかっていますよ(頭では)。でもですね、子どもがいて、仕事していて、土日のうち大掃除に充てられる時間も限られている中で、そんなこと言っていられない現代です。こまぎれにでも掃除してある方が、気持ちよく新年だって迎えられると思うのです。

というわけで、ここ数年9月になると年末に向けて、こんなふうに動き始めるスタイルで過ごしています。私はまだ「大掃除?日頃ちょこちょこやるから大丈夫なのよ」なんて言えるベテランママの領域には到底たどり着いてはいませんよ。

子どもも少し大きくなって、手が離せる余裕と、家事をたくさんこなして来たからこその勘所と工夫がなせるようにも思います。私もその領域に到達して、いつかそのセリフ言ってみたい(笑)。というわけで9月のうちにちょっとでもやっておくと年末にハッピーな家事3つでした!

わたしもやりますよ~!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
BATAKOさん

3歳&おなかの女の子のママ。在宅メインの時短勤務デザイナー、時々カメラマン。「家事の時短は家族のハッピー?」と信じて日々研究
。まごわやさしい+手抜き料理、ママのリーダーシップ、畑いじり、しゅみ(片付け・読書・自転車・キレイなもの巡りetc.)お伝えしていきます。

BATAKOさんの記事一覧 v-right