先日2回目のファイザーワクチンを接種

8月に1回目の接触を終え、9月某日に2回目の接種を受けてきました。1回目は、腕の痛み程度でしたが、2回目となるとやはり副作用がどうなるか心配でしたね。

2回目ならではの反省点

1回目のときは、接種日の数日前から説明書などを読み前日に予診票も記入していました。

2回目は、すでに当日の流れが分かっている油断から、接種に行くための準備などをしてませんでした。そのため、当日に、予診票の存在を思い出し、慌てて記入したり、水分補給の水筒を用意したりとバタバタ。ワクチンに限らず、何事も前日には、持ち物をチェックしないといけないですね。

そして会場内は、空調に換気用のためか、幾つかの大きな扇風機を稼働していました。だから、会場内はけっこう冷んやりしていました。1回目のときも、同じくらいの冷んやり感でしたが、猛暑真っただ中の8月と、少し暑さがマシになった9月では、体感が違いました。注射しやすいように半袖の服を着ていきましたが、待機中は、日除けのアームウォーマーを着けて、ちょうどよかったです。

今後、ワクチン接触を受ける予定の人は、外は半袖で過ごせそうな日でも、薄着では行かない方がいい場合もありそうです(会場によるでしょうけどね)。

副作用に備えて準備していたもの

ネットで検索して
◇スポーツ飲料
◇ゼリーやアイスなど食べやすいもの
◇冷却シート(今後も使えるように子ども用)
◇鎮痛剤(薬局で薬剤師さんにすすめられたもの)
などを事前に購入しました。その他には、寒気対応にしまってあった長袖のパジャマや毛布を出しておきました。

接種後の様子や用意しておけば良かったと思ったもの

接種前、副反応にドキドキしていたものの、結論を言うと高熱症状はなし。
◇腕の痛み
◇喉の渇き
◇眠気
◇倦怠感
上記の症状がありました。洗濯や食器洗いなどの家事くらいはできました。喉が渇いたので、スポーツ飲料は飲みましたが、鎮痛剤や熱さまシート、ゼリーなどの出番はなし。なぜか無性に、ジャンクなものが食べたくなり、カップ焼きそばを食べたり、自宅から徒歩2分のところにあるマクドに買いにいったりしました。

そして、これが便利だと思ったのはカップ付きキャミソールです。腕が痛くても、背中のホックを留めたりしなくていいし、足元から脱ぎ着ができるので、楽でした。

しかし、ずいぶん前に断捨離して、古いものを処分したので、1着しかカップ付きキャミソールを持っていなかったのです。洗い替えにもう1枚買っても良かったかなぁと思いました。

次はインフルエンザワクチン

私のファイザー接種が終わり、後日は夫の2回目の接種があります。今月は長女のおたふくのワクチン接種の予定もあるし、来月はインフルエンザワクチンの接種も予約しています。注射が続く生活になりますが、みんな健康に暮らすため必要なことですね。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
すみりんごさん

出産前は毎週劇場に通いつめていたお笑いファン! 現在は毎日子どもたちに笑わせてもらっています。 ローカルの子育て情報サイトでライターしています。楽しいこと、悩んでいること、発信しながら共有したいです。

すみりんごさんの記事一覧 v-right