/ 2021.10.15

息子は、4歳年中の春から切り替えが難しい、癇癪(かんしゃく)を起こす、というところから病院と民間施設で療育に通っています。療育に通っていく中、0ではないし、時間がかかることもありますが、息子自身の成長もあるのか、以前より自分で折り合いをつけたり、こちらの提案を飲んで切り替えたり、癇癪も少なくなったように感じます。そんな中、成長の過程なのか違う視点から悩みの種が出てきました!

怒られることにとっても敏感に

妹に手が出るなど危険なこと、日々生活の中で些細なことで注意することがたくさん出てきます。最初は優しく注意するのですが、なかなかやめてくれない。何回か注意する→こちらもイライラしてきて声を荒げる。

そこで「怒って言うから嫌だ!怒って言うならしない!怒ってるから嫌い!悪い!」などと言って、ひどいときには本当に手が付けられなかったり、癇癪を起したりの日々、繰り返し。こちらがまだ普通にいってるつもりでも、「それは怒ってるよ!」「注意するのが嫌だ!」と、とにかく否定されることにとても敏感でショックを受けているようなんですね。

診療所の先生に相談しました!

このことをお世話になっている診療所の先生に伝えたところ、ちゃんと自分はこういうことが嫌なんだ、と伝えることはとてもすごいことです。とのこと。それに対して、「伝えてくれてありがとう。」としっかり受け止めてあげる。

本人がしていることを止めるようなときは親の都合だと思った方がいい。なので、「〇〇してくれると嬉しい。〇〇してくれると助かるな。」というお願いする形で伝える。できたら「してくれてありがとう。助かった。嬉しい。」ということを伝える。

妹とおもちゃのの取り合いなどで手が出てしまうのはまだまだ仕方のないこと。嫌だったことの気持ちを代弁してあげたり、共感してあげる。

息子は力はあまりないものの、妹の顔をグーパンチしていたので、「お顔はお目目やお鼻があって危ないよ。体にしてくれる?ぐーじゃなくてよしよししてくれると嬉しいなあ。」と伝える。8割は妹に対してできたことをしっかり褒めてあげる。

そういったことを教えてくださり、すごく心が軽くなりましたし、叱ることって、実際とても少ないんじゃないか。私が感情を押さえれず怒ってしまうことが多々あるのに、息子なんてもっと難しいことだ、と反省しました。その場で深呼吸したり、ストレス発散しながら、落ち着いて対処したいものです。

子どもにリフレッシュさせてあげよう

癇癪を起してしまったり、機嫌が悪くなったりした子どもたちは、リフレッシュするという方法が分かりません。

・大好きなお菓子やジュースを与える
・好きな音楽を聴く、踊る、体を動かす
・ジャンプする
・外など、違う場所に行かせる
・抱きしめる、大好きや大切な存在ということを伝える、など…。

大人がリフレッシュの方法を教えてあげるのが大事なことだと思います。

またこんなことも

息子には大好きなキャラクターがたくさんいます。仮面ライダーたちにウルトラマン、炭治郎や煉獄さん。戦うヒーローたちが大好きでマネをしています。そんな息子は年上のお姉ちゃんが大好きで、私が鬼滅の刃の胡蝶しのぶの真似をしたところ、デレデレになりました(笑)。

パパともめてご立腹だったときに、胡蝶しのぶのお姉さん、カナエの真似をして「姉さんはしのぶの笑った顔が好きだな~♪」と近寄るとコロッと笑顔になっていました(笑)。子どもも、大人の言っていることは分かるけれど、後に引けない、そーんなときも多々あると思うので、心を和ませる変化球!使ってみるといいのかなーって思います。

本当に伝えたいこと、学ばせたいことは何か?

日々忙しい中で、よく見失ってしまい、ついついがみがみ言ってしまう、だめだめ母の私ですが(泣)。産まれてから小さいうちは特に。この世界は、幸せなんだ、楽しいことがいっぱいあるんだ、人と関わる事って嬉しいことなんだ。自分はとっても愛されているんだ。そんなことを感じてほしい。

人のために何かをする幸福感、頑張って乗り越えた達成感、ささいなことを幸せだね。と子どもたちと共感していきたい。大きくなるともっと複雑になっていくはず。そのために、小さなうちにそんな土台を作ってあげたい。

そこを念頭において、子育てすれば、イライラしていたこともたいしたことではないし、見方を変えて接することができるはず、と自分に言い聞かせて(笑)。反省の繰り返しですが、また明日から頑張ればいい!それでいいんじゃないでしょうか♪

母の笑顔が増えることが1番♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
Maiさん

一回り年上の旦那、4歳、2歳になるやんちゃな息子&娘とわちゃわちゃ過ごしているアラサーのワーママです!子育てにまつわる事をメインに、プチプラ、便利グッズ、美容、ファッション等、幅広~くお伝えしていきたいと思います。

Maiさんの記事一覧 v-right