そのニュースは突然に…

こんにちは、kyokoです。皆さん、ディズニーはお好きですか?私は大好きなのですが、コロナ禍でディズニーランドもディズニーシーも、すっかり足が遠のいておりました。

定期的に解放されるようになった予約枠も、一瞬でサイトアクセス不能になり、仕事をしながらのチケット予約は困難極まり…次にパークに行かれるのはいつになるやら、と半ば諦めておりました。

しかし、ある日の新聞(まじめに新聞読んでる自分、グッジョブ!)でこのニュースを見つけたのです。11月22日から11月28日限定で、政府による「ワクチン・検査パッケージ」の技術実証がTDRで始まることを!そしてその予約開始は3日後午後に迫っていることを!

これはやるしかないと、携帯とPCフル装備でその日を迎えたのです。

いざ、予約開始!

絶対に時間ぴったりに予約サイトにアクセスする!と意気込んだものの仕事でバタバタしているうちに、気づけば予約開始から早1時間が経過。

これはもう遅すぎる…とダメ元でサイトにアクセスするとあら、すんなり予約ページに飛べるではありませんか。この予約開始の告知が直前だったことや、予約可能な対象者が限られていたことも幸いしたのでしょう。希望の日にすんなりチケットが取れました〜!

時間指定チケットとの違いは?

こちらがeチケット。ワクチン・検査パッケージと書いてある以外は特に違いは見られませんが、通常チケットとは以下の点が違うようです。

1.入場時間は12:00のみ
2.ワクチン2回目接種日から2週間以上経過、指定時間内に得られたPCR検査、または抗原検査の陰性証明があること

対象となるのは12歳以上、同行する子どもは証明書の必要はありません。キャンセル、払い戻しはできませんが、日付変更等のルールは通常チケットと同じのようでした。

当日の流れ

当日は、該当書類(コピーや写真も可)と身分証明書(こちらは原本のみ)をもって入り口のスタッフのチェックを受けます。私はワクチン接種証明をスマホで撮って当日見せました。特に根掘り葉掘り聞かれることもなく、あっさりインパ!パーク内でも何の違いもなく、通常チケットのゲストと同じように楽しめました。

この試みの結果は…

これから感染者の状況がどうなるのか、ワクチン接種証明や陰性証明の効果は、いろいろと検証の必要はあると思います。ただ、このTDRの試みがアフターコロナの行楽再開への一歩となることを願っています。

後日、アンケート実施の可能性があるとのことなので、喜んで協力したいと思います。

アフターコロナの生活のためにも、今後もこのような技術検証が増えると良いですね!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
kyokoさん

夫と3歳男児の3人家族。ロンドンでヨガインストラクター、アロマセラピストとして活動していましたが、現在は日本で会社員の傍らヨガ、ときどきアロマ。日々の気づきやヨガ、アロマのことを綴ります。

kyokoさんの記事一覧 v-right