/ 2021.11.28

去年の年末に、ベトナムに入国するために母子で2週間ホテル隔離をしたのですが、まさかあれから1年もたたないうちに、わが家は2回目の隔離を経験することになりました。その訳は、ベトナム国内での引っ越し。

市(と言っても、規模的には日本の都道府県)をまたぐ引っ越しということで、ホテル隔離が必要となってしまいました。出発前&到着後の新型コロナの検査も含めた、今回の引っ越し関連のスケジュールは下記の通りです。

引っ越し2日前…PCR検査
引っ越し前日…荷物出し
引っ越し当日…アプリで医療申告→飛行機で移動→現地到着後にPCR検査
引っ越し翌日…検査結果を受け取る
引っ越しから1週間後…ホテルチェックアウト

まるで海外に出るときのような新型コロナ対策に、「正直やりすぎでしょ…」と思わずにはいられませんでした。しかし、100%ではないにしても、これで皆の安全が確保できるのであれば仕方ありませんね。

幼稚園児の隔離中の過ごし方

・ベッドメイキング(ある日突然ベッドメイキングに目覚めました!笑)
・30分~1時間/日のオンライン授業
・お人形あそび

小学生の隔離中の過ごし方

・朝から15時頃まではオンライン授業
・週1〜2回オンラインの習い事

子ども2人が同じ部屋でZoomで授業を受けているため(主人はリモートワーク用に別部屋を確保)、お互いの音声が入ってしまったりで、しばし口喧嘩になるときも。部屋数の限られたホテルステイでは、どうしようもありません。

ベトナムでは、ほとんどの学校でまだオンラインが続いています。長女に限っては、担任に一度も直接会うことなく、転校となってしまいました。

しかし、隔離中も授業をオンラインで受けられるので、オンライン授業も悪いことばかりではないかな…とも思いました。まぁ、コロナが落ち着いていれば隔離すら無かったんですけどね。

家族揃っての隔離中の過ごし方

・1日3食を隔離用食事メニューから選ぶ
(これが結構楽しみな時間♪トップの写真に載っている黒い箱に、希望メニューを書いた用紙を提出して注文をします)
・トランプ、UNOなどのカードゲーム
・手作りすごろく
・バレーボール
・YouTubeのダンス動画を観て、踊る
・TV

自主隔離用メニューを紹介

…と書くと、ちょっとおどろおどろしい感じがしますが、普段こちらのホテルのレストランで食べられるものなので、クオリティの高いおいしい食事が出てきました。今回は、その中からベトナム料理のメニューを紹介します。

日本にいると、フォーはパクチーがたっぷり入っているイメージがありましたが、こちらは香草なしの青ネギたっぷりのフォー。

次はチキンサラダ。名前からグリルした大きなチキンがドーンとのっているのかと思いきや、ゆでて割いたチキンが入ったサッパリとしたサラダでした。連日食べ過ぎていたので、その方がむしろ好都合。

きゅうりや白菜、インゲンなどの緑野菜や、ベトナム料理でおなじみの揚げエシャロットがたっぷりのっていて、子どもたちも「ちょっと酸っぱいけれどおいしい!」と言いながらとむしゃむしゃと(動物か!?)食べていました。

いずれも具材が詰まった揚げ春巻きが付いていたのですが、こちらもわが家の娘たちの大好物。

名残惜しいホテル隔離

数カ月にわたるロックダウンで、家から全く出られない生活が続いたこと、引っ越し準備でお疲れモードだったので、家事をお休みしたい気持ちが高まっていたこと、2回目の隔離だから色々と勝手が分かっていた…などの理由で、久々のホテル生活は正直楽しみでした。

部屋から出ないし、1食1食のボリュームが普段よりも多いし…で、確実に肥えてきていますが、今は貴重なグ~タラ生活を堪能したいと思います。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
sariさん

夫、7歳&5歳の娘と4人で海外生活中。シンガポールとベトナムでの子育てや仕事の経験をもとに、アジアの子連れ観光スポットや、現地の教育事情など、日本にいる方にもきっとタメになる情報をお伝えしていきます。

sariさんの記事一覧 v-right