/ 2022.06.21

平日の夕飯はササっと10〜15分でできる料理をつくります。そのため、子どもの「これ食べたい!」に応えられないこともありました。そのなかのひとつが唐揚げ。平日の揚げ物は私にとってはハードルが高いのです。代わりによく作るメニューがこちら。

鶏むね肉の塩麹焼き

用意するものは次の4つです。
・鶏むね肉 1枚(約300g)
・塩麹 大さじ2
・片栗粉 大さじ2
・オリーブ油 大さじ1〜2

1. 鶏むね肉の下準備

鶏むね肉は一口大に削ぎ切りします。薄めに切ると火が通りやすく、調理時間が短くてすみます。

鶏むね肉と塩麴をビニール袋に入れてもみ込みます。このまま30分ほど冷蔵庫に置けば十分ですが、私は時間のある週末に準備したものを、2~3日間冷蔵庫に置いています。

2. 鶏むね肉に片栗粉をまぶす

塩麹につけた鶏むね肉に片栗粉をまぶします。片栗粉と鶏むね肉をビニール袋に入れ、口をしっかり閉じて10回ほど上下に振ると、まんべんなく片栗粉が肉につきます。

3. 鶏むね肉を焼く

フライパンに多めの油をひいて熱します。

鶏むね肉を重ならないように広げます。このままだと油はねが気になるので……

フライパン用のふたでガード。この状態で3〜5分焼き、ひっくり返してもう片面を焼きます。

両面がしっかり焼けたら完成です。片栗粉のおかげで外はパリパリに、塩麹のおかげでなかはふっくら柔らかに仕上がりました。

唐揚げは休日のお楽しみに取っておくとして、平日でも気軽に作ることができる「鶏むね肉の塩麹焼き」はわが家の夕飯のお助けメニューです。カリッとジューシーな食感は唐揚げ同様にとてもおいしく、子どもたちも大満足な一品になりました。

鶏むね肉の塩麴焼きは毎週つくっています!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ヨリさん

小2、年長、年少の母。共働き、3人育児の暮らしの工夫をブログ『よりみち家族』を書いていたら、1冊の本になりました。書籍『暮らしの最適化』発売中です。

ヨリさんの記事一覧 v-right