代々続く家庭料理はありますか?

こんにちは!フレンチやイタリアン・たまにはおいしい料理も良いけれど、家庭の味がいちばんですよね。どんな家庭でも定番のレシピや代々続く家庭料理があると思います。私が子どもの頃も母が作ってくれた定番レシピがありました。

やっと思い出した母のレシピ

わが家では揚げ物の日は、決まって手作りの揚げドーナツが一緒に並んでいました。揚げ物の日だけの限定ドーナツ!残った液とパン粉を無駄なく使った簡単ドーナツ。それがとてもおいしくておいしくて。でもどうしても作り方が思い出せない!

揚げ物をする度に思い出しては「どんなレシピだったかな?」と記憶があやふやでチャレンジしても失敗してばかり。ふと「姉は知っているかな?」と聞いてみると、思い出しては試行錯誤しながら作っていたそうです。

そして聞きながら記憶をさかのぼり、再現したドーナツは母の味と一緒でした。揚げ物で残った液やパン粉・卵が無駄なく調理でき、簡単にできるのでみなさんに紹介します。ぜひ作ってみてください♪

「ご褒美ドーナツ」

材料 6~8個
・卵 1個
・砂糖 大さじ2
・小麦粉 大さじ4
・パン粉 大さじ2
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・水 大さじ2
・牛乳 大さじ2

◎揚げ物で残った小麦粉やパン粉などを使う際は、残った量が多い材料を基準に他の材料を調整ください。

作り方

1.ボールに卵以外の材料を入れよく混ぜ、最後に卵を加えさらに混ぜ合わせる
2.角が立つくらいを目安に、緩い場合は小麦粉を足して調整する
3.小さめのボール状になるようにスプーンなどで適量すくい、170度に熱した油に入れて揚げる。揚げているとふっくらと膨らむので途中返しながら両面揚げ色がついたら完成!

シンプルだけど手作り感たっぷりなドーナツ(^^)粉砂糖やクリームをかけて食べるとよりおいしいです♪

娘にも伝えていきたい母の味

私が子どもの頃は意識しなかった「母の味」。大人になり家庭をもった今は思い出しながら食卓に出したり「また食べたいなぁ」と思うことも多くなりました。こんな風にわが子も大人になったら同じように思うのかなと思うと、胸が少し熱くなります。

私の母の味を娘にも伝えたい。娘も大きくなって家庭を持つようになったら「わが家の味」として作ってくれたら嬉しいな♪

娘よ、料理好きになってくれたら嬉しいな♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
佐々木 麻衣さん 野菜料理研究家ママ

野菜料理家・野菜保存アドバイザーとして料理教室の開催や、野菜保存の指導・食品ロス削減に配慮した使い切りレシピの提供などをしています。
また親子参加型の畑収穫体験の運営をしています。

佐々木 麻衣さんの記事一覧 v-right