産後ダイエットの現状

現在0歳と3歳児の男の子2人の育児に奮闘中ですが、気づけば次男を出産してから早7カ月。産後ダイエットの現状について、(夏に向けての自己奮起を込めて)勝手に報告します。

ひとりめ妊娠時は体重10kg増(2021年)
ふたりめ妊娠時は体重9kg増(2023年)

ふたりめの時は特に体重管理を注意したつもりでしたが、結局ひとりめのときの体重増加と変わりませんでしたね。そして肝心な産後の体重はというと…8kg減!妊娠前の体重とほぼ変わらないくらいとなりました。

ちなみに、私の考える産後ダイエットは、「子どもと全力でおいかけっこできるだけの体力」をつけ、「病気になりにくい健康的な身体を維持」し、「自分の好きな身体」を目指すものと位置付けています。

最後の「自分の好きな身体」というのは人それぞれ違うと思いますので、必ずしも体重だけで判断するものではないと思いますが、自分が心地よく過ごせて、着たい洋服を着ることのできるベストボディを追求していきたいと思います。

そこで、私が普段意識していることについてまとめてみましたのでおつきあいください。

1.キッチンに立つときはおなかをくっつけない

見た目が美しい人はみんな姿勢が良い人が多いですよね。私は元々かなりの猫背&巻き肩なのですが、できるだけ気づいたときには姿勢を意識するようにしています。

特に、キッチンで洗いものをしたり調理中にやってしまいがちなのが、おなかをキッチンにつけて立ってしまうこと。無意識のうちにやってしまいがちでしたが、気づいたときにはおなかをキッチンに預けず、背筋を伸ばした状態で立つようにしています。

2.食事はワンプレートに、汁物&野菜から食べる

皿洗いが面倒くさいというのもありますが、ワンプレートでの食事は視覚的にも満足度が高いような気がしています。皿の余白が少ないのでたくさん食べているような気持ちになります。

そして食べる順番も、ごはんからではなく汁物か野菜からとなんとなく決めています。特に温かい飲みものやスープはおなかを満たしやすいので、あとに食べるもののドカ食いが少なくなったような気がします。

3.プランク1日30秒を習慣に

特に育児中はまとまって運動をする時間がとれない人も多いと思います。私もなかなかジムに通ったり走ったりすることは難しいので、運動は細く長く続けていくことが大事と思い、毎朝起きたときにプランクを30秒間行うことを日課にしています。

朝できなければ、子どもの昼寝中や夜などできる限り毎日継続したいのですが、実際には忘れてしまうこともまだあるので、これは続けていきたいです。プランクを行うことで体幹の強化につながるので、姿勢改善にも効果的と考えています。

子どもがプランクしている私の姿を見て、「トンネル〜!」と楽しそうにはしゃいで私の体の下をくぐり抜ける姿もとてもかわいらしいです。(笑)

夏まであと少し

今年の夏には3歳長男のオムツが無事外れることを願い、一緒に水着でプールに遊びに行くことが今の産後ダイエットのモチベーションのひとつです!

crown weekly ranking

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
MAKIさん 食べるの大好き!ダイエッター

埼玉県在住、3歳&0歳の男の子ふたりママです。5月から育休復帰しました。食べるの大好き!でも太りたくない!日々葛藤しながら、マイペースにストレス発散を心がけてます。

MAKIさんの記事一覧 v-right