あの大行列店が、ベトナムにも?

私が住んでいたシンガポールやベトナムでも大人気のパールミルクティ。チーズクリーム入りのものもあちこちで見かけます。

あるとき、たまたま通りかかったホーチミンのショッピングモールの1階に、見覚えのあるイラストを発見!これってもしかして、シンガポールで大行列になっていたミルクティー屋さんでは?と思い中に入ってみました。

私は超が付くほどのチーズ好きなのですが、チーズを入れた飲み物というのは抵抗があって、試したことがありませんでした。それでも、シンガポールでの人気っぷりを見て、さすがに気になり始めた私。

こちらのホーチミンの店舗はガラガラで不安もありましたが、お試しするには気軽で、ちょうど良さそう。

HEEKCAAとHEYTEA

写真だけ載せて、店名をまだお伝えしておりませんでしたが、こちらの店名は”HEEKCAA saigon”。シンガポールのお店は”HEYTEA”。むむむ…人物のイラストはそっくりだけど、店名がだいぶ違う。これって同じ店舗なの?

た、たぶん同じチェーンのようです。

調べてみたところ、ホーチミンのHEEKCAAは漢字で「喜茶」と書くようで、中国発祥のチェーン店とのこと。シンガポールのHEY TEAも中国発祥で、漢字表記の店名は「喜茶」。

また、どちらの店舗にも、”INSPIRATION OF TEA”というコーナーがレジの並びにあり、様々な種類の茶葉をティスプレイするやり方もそっくり。

シンガポールのHEY TEAは行列が長すぎて一度も購入したことがなく、味を比較することは残念ながらできないのですが、『恐らく』同じチェーンなのではないかと思われます。

東南アジアにいると偽物が多すぎて、色々と疑ってかかってしまうクセが付いてしました。良いんだか、悪いんだか…。

ところで、日本にも似たような”HEFKc HA 宣喜茶”ってありますよね。こちらは果たして同じチェーンなのでしょうか?漢字の店名も、ロゴのイラストも微妙に違う…。私は実際の店舗を見ていないので、もし分かる方がいたら教えてくださーい!

クリーミィーで濃厚!でもさっぱり!

最後になってしまいましたが、飲んでみての感想を。ずーっと抵抗があって飲むのを避けていたチーズクリーム入りのミルクティですが、勇気を振り絞って飲んでみた甲斐がありました。

チーズは酸味が弱いので主張してくることなく、乳製品(牛乳)×乳製品(チーズクリーム)の組み合わせが相性バッチリ。滑らかで濃厚、でも氷入りだったので、意外とさっぱりといただけました。中に入っているタピオカも甘くて、もっちりとしていて美味しい!

これでたったの42,000ドン(約210円)。カロリーは気になるところですが、ぜひまた来店し、他のメニューにも挑戦してみたいと思います。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
sariさん

夫、6歳&3歳の娘と4人で海外生活中。シンガポールとベトナムでの子育て経験をもとに、アジアの子連れ観光スポットや、現地の教育事情など、日本にいる方にもきっとタメになる情報をお伝えしていきます。

sariさんの記事一覧 v-right