待ちに待った保育園のお友達とグループキャンプ。しかし、季節は梅雨…。来る日も来る日も、天気予報とにらめっこしながら当日を迎えました。結局、雨が酷くならないことを祈りつつキャンプを決行。

今回は、雨でも快適だったキャンプをレポートします!

上信越国立公園内に位置する4万坪のアウトドアリゾート!

今回利用したキャンプ場は「ライジング・フィールド軽井沢」。JR軽井沢駅から車で10分とアクセスもよく、なんと言っても設備が整っていて綺麗なキャンプ場で、わが家のお気に入りでもあります。

撮影やウェディングパーティーの会場として利用されている、とってもオシャレなキャンプ場です!

雨天時は、大きな常設テントがおすすめ!

当初は、テントサイトを予約していましたが梅雨時ということで常設テント泊に予定変更しました。ライジング・フィールドの常設テントは「タタンカ」というオリジナルテント。スタッフの方の手作りテントだそうです!

とっても大きくて広いテントは、最大で7名まで利用できます。
 利用料:ハイシーズン:1泊 11,000円・ レギュラーシーズン: 1泊9,000円
 定員:5人(2,000円/1名で、2名まで追加可能)

手前は大型のタープのようになっていて、リビングのように寛げます。この日は、雨が降ったり止んだり…。雨の時間は、テントの中で絵本を読んだりゲームをして過ごしました。

奥のスペースは、寝室となっています。広々としてとっても快適です!タタンカのサイトは、テントのみが常設されている為、テーブルやチェアー・マットや寝袋などは持参するかレンタルする必要がありますが、大人は、設営に手こずる事もなくストレスフリー、子ども達も大きなテントに大興奮でした。

夜のお楽しみは焚き火!

夜は雨が止んだのを見計らって、焚き火を楽しみました。
子ども達が楽しみにしているのは、焼きマシュマロ。火気の扱いが心配ですが、大人と一緒に気をつけながら長めの串を使ってマシュマロを炙ります。だんだんコツを掴んで、誰が一番ふっくらさせられるか競争したりしました♪

以前は、イベントで大きなドラム缶を使った焚き火台でホットサンドを作ったことも!大きな焚き火台で迫力がありますが、息子も自分で好きな具材をはさんで焼くのがとっても楽しかったようです。

日常では、なかなか出来ない体験を子どもと一緒に出来るのがキャンプの醍醐味です。

センターハウスのキッズスペースもおしゃれ!

受付のあるセンターハウスは、おしゃれなアウトドアショップのような空間です。ショップも併設されていて、アウトドアグッズやアパレルも扱っているので忘れ物をしても安心!薪や炭もこちらで購入出来ます。

センターハウスの前には、シーソーや小さなクライミングウォールなど子ども達が大好きな遊具がありますが、室内にあるキッズスペースも充実しています。小さなお子さんも安心して楽しめるスペースがあるのは嬉しいですね!

設備の整ったキャンプ場には、巨大アスレチック「アウルアドベンチャー」も併設。高さ地上2~8メートルの4階層からなるタワー型アスレチック(有料)が楽しめます。

他にも子どもから大人まで楽しめる様々なアクティビティが充実している「ライジング・フィールド軽井沢」。レンタルも出来て、初心者の方も気軽に楽しめるのでキャンプデビューにもおススメです!

大きなテントが楽しい!キャンプデビューはライジング・フィールドの「タタンカ」がオススメ☆

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ざっきーさん

楽しいコトとおいしいモノがあれば幸せ!4歳の息子がいるワーキングマザーです。 ロックンロールとキャンプにハマっています!夢は息子と一緒にキャンプインフェス☆

ざっきーさんの記事一覧 v-right