/ 2019.11.01

このおもちゃ、どのくらいの期間遊ぶ?

こんにちは、ぽりこです。子どもに与えるおもちゃを選ぶとき、みなさん一度は思ったことがあるのではないでしょうか。「今買っても、すぐに飽きて使わなくなってしまうんじゃないか?」と・・・。興味津々で遊ぶ期間は、おもちゃによって、また子どもによってもさまざま。ですが、できれば長く使ってほしい!とも思うものですよね。

7歳女子&5歳男子がいるわが家でも、これまでに色々なおもちゃを買ったり貰ったりしてきました。今回は、その中で一番長く使っている、そして今もコンスタントに遊びに登場しているおもちゃを紹介します。

わが家で一番長く遊んでいるおもちゃ

それがこちら!バンダイの「ブロックラボ」です。

上の写真は最初に購入したセットで、対象年齢が1.5歳~の「はじめてのブロックバケツL」というもの。わが家ではこちらを6年前、長女が1歳でアンパンマンにドハマりしていた頃に買いました。その頃の遊び方は、ブロックを並べたり、ブロック同士をくっつけたり、アンパンマンのキャラクターブロックでお人形遊びをするといった感じでした。

バリエーションを買い揃えるほどハマった!

その後長男が生まれ、電車に興味を持ち始めた頃、レールパーツの付いた「アンパンマンとたのしいレールバケツ」を購入。大好きなアンパンマンの仲間たちの人形で電車ごっこができるという、子どもにとっては願ってもないおもちゃでした。長女は、ブロックでおうちを作ってアンパンマン劇場を繰り広げることが多かったです。

それからしばらくして、レールパーツがもうちょっと欲しいということで「おおきなターミナルブロックワゴン」を購入。リビングにちょっとしたブロックラボワールドを構築できるくらいにパーツが揃ってきました。

遊びが広がる追加パーツ

ブロックの数がある程度揃ってきた頃、あるとさらに遊びの幅が広がり、買って良かった!と思ったのが、この「基礎板」です。

こちらはレゴデュプロの商品なのですが、ブロックラボも付けることができました。これがあることで、この上に子どもがそれぞれ思い思いの世界を作り出すんです。おうちだったり、お店だったり。その中にお気に入りの人形を入れて、ごっこ遊びをするのが今でも大好きな子ども達。ついこの間も、小さなポケモンの人形を入れて、姉弟2人でポケモンセンターを作って遊んでいました。

まだまだ使えそうです

ブロック系のおもちゃは、子どもがハマれば比較的長く使えることが多いと思います。わが家では、最初の入り口にアンパンマンがいてくれたことでブロックラボにハマり、ブロック遊びが大好きになりました。そして、長女は小学生になった今でも、他のキャラクターのおうちにしたり、他の遊びの小道具を作ったりして遊んでいます。十分に元が取れて、買って大正解だったと思うおもちゃの一つです。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ぽりこさん

整理収納アドバイザー。小5女子と小2男子の二児の母。整理・収納・インテリアとお絵かきが趣味です。暮らしやすい家をめざして日々奮闘中!

ぽりこさんの記事一覧 v-right