/ 2020.07.13

キャンプシーズン到来、やっほーい!

7月になりキャンプシーズンが到来しました!2年前は、キャンプの魅力を全く理解できなかった私。でも今は、頭の中がキャンプでいっぱい。給料はキャンプギアに費やしたいし、おいしい料理ができたら次のキャンプで再現したい。お酒を購入する基準は、キャンプに持っていきやすいかどうか。寝ても覚めても、例えキャンプ場にいても、次のキャンプのことで頭がいっぱい。

なぜキャンプを嫌煙していたのか

だってキャンプってとにかく大変そうなイメージだったんですよ。ただでさえ日常の子育てが大変なのに、キャンプに行ってまで大変な思いをしたくない、そう思ってました。そして、漠然とこんなイメージで嫌煙していました。

1.トイレやお風呂などの水回りが汚い
2.準備が大変そう
3.旅行に行ってまでご飯作るのが意味不明

ひとつずつ変化していった理由を解説します。

1.水回りが清潔なキャンプ場はとっても増えている!!

やっぱり、キャンプのイメージってトイレやお風呂などの水回りが汚いイメージ。。。でも、行ってびっくり!今っていわゆる「高規格キャンプ場」が増えているんです。2~3時間に一度、清掃委員が水回りを掃除してくれるキャンプ場なんかもあり、なんならわが家のトイレよりきれいなんじゃないかと思うほど(爆)。高規格キャンプ場を選べば、だいぶキャンプのハードルが下がります。

2.ボックス二つにキャンプ用品を入れておけば、週末すぐにでもキャンプに行ける。

準備が大変そう…確かに大変です。ただ、それは日常使っているお皿や調味料などをキャンプに合わせて移行させるからだと私は思います。ボックス二つに、日常使っているものとは別にキャンプ用に一式入れておけば、週末すぐにでもキャンプに行くことは可能です。

3.旅先で子連れ外食を計画するより、炭火で肉を焼く手軽さ

子連れ旅行の大変なことのひとつに子連れ外食の場所を考えなければならないことだったりします。旅先で大人が行きたい場所と子どものやりたいことがマッチできず、計画段階でぐったりなんてことも。

キャンプでご飯を作るって言っても、ちょっと良いお肉なんかを炭火で焼けばもう最高のディナーになります。そもそも子連れ旅行で、子ども無し時期と同じレベルの快適さを求めるのは無理なこと。だったら、綿密に計画された子連れ外食を選ぶより旅先でラフにご飯を作ることを選んでみては。

まずは、何から始めればいい?

テント?タープ?何から用意していいかわからない人も多いと思います。そのときは、まずキャンプ場で全てレンタルできる手ぶらプランを利用してみましょう。セットアップされているテントに泊まったり、キャビンやコテージに泊まることができますよ。

あとは、キャンプ好きの家族をみつけて一緒に行ってみるのもありです。いわゆるグルキャンってやつです。わが家もグルキャンの全レンタルから始めました。

子連れ旅行はキャンプが最高な理由!

じゃあ、いよいよ!!キャンプが最高な理由をお伝えしていいですか!!!

・川で遊んで、疲れたらテントで休む。休んだらまたすぐに川で遊ぶことも可能。日帰りではできない川遊びが本当に楽しい。つまり、子どもだけでなく、大人も楽しい
・綿密な計画はいらない。ただキャンプ場に行けばあとは楽しい。No Planでオッケー
・友達家族と気軽に行ける。適度なプライバシーを保って、セッションしたいときだけすることができる
・料金が、旅行と比べると断然安い。(一泊一家族5,000円程度)しかも、前日までキャンセル料がかからないキャンプ場もあるので、子どもの体調に合わせられる

ママだからといって、何かを制限したり我慢しなくていいんだ。それを気づかせてくれたのがキャンプでした。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
あさこさん

「ママも子供もハッピーに!」をモットーに、キャンプ、旅行、飲み会、料理などと育児との両立を楽しむ、小二と年長男子ママです。子供がいると自由がない…と嘆いていた日々から、子供がいても楽しい日常へと変化するヒントをお届けします。

あさこさんの記事一覧 v-right