短い鉛筆をどうするか問題。

いつもおつかれさまです。三姉妹母です。小学校にこどもがあがり、今までと大きく変わったのは宿題。勉強。毎日使い毎日削るから、鉛筆の減りも異常に早い。この鉛筆たちの行方、どうしていますか?

いままでは。

ある日ふと気づくと、こどもの筆箱は、短い鉛筆だらけ。

え?!新しい鉛筆出す?と聞くと、いいのこれで。まだ使うからと。いやでもこれ。短すぎるし。

あの子、新しい鉛筆も買ってもらえないのかなーとか変な噂を立てられても困るという親の変な見栄で、「じゃあママが仕事で使いたいから貸して」と頼んで引き取ることに。

ところがそんなに鉛筆を仕事で使わず。捨てるのも勿体無いなと思っているうちに、短い鉛筆がたまる一方でした。これ次女も小学生になったらもっとたまるのか?ドウシヨウ!

みつけた!短い鉛筆用の第二変型!

この問題の答えにあらわれたのは、鉛筆が短かくなったら取り付ける補助軸。よく文房具店で見かけるアレです。これはとても便利だよ!と、ママさんに教えていただき使ってみると、あっという間に問題解決!まさか小学生母になって買うことになるとは。

かわいい補助軸がたくさん!

シルバーだけじゃない、補助軸。今は、すみっコぐらしやかわいいキャラのものがたくさん売っていて、わが家も何本も買いました。あれこれ使って思ったメリットは、軸をつけると、鉛筆自体がちょっと太めになるので、3歳、6歳むすめたちにも握りやすくなるのと、勉強に慣れてない飽きっぽいむすめたちは、ドリルを間違えるとすぐぐちゃぐちゃに塗りつぶしがちですが、補助軸には消しゴムが付いているから、ぐちゃぐちゃする前にすぐ消しやすいこと。

これが、わが家的最大メリット!

すみっコぐらしの補助軸もあります。銀色のものより少しお高め。でも三姉妹には大人気。大きめの消しゴム予備がついてるのが母もお気に入り。

間違えたらすぐ消せる。消しゴム貸して、ヤダ、自分のとりなよ、取りに行くのが面倒くさい、と消しゴム絡みですぐ喧嘩している三姉妹にはぴったり。

100円ショップにも売ってました。これは消しゴムがついていないのと、短い鉛筆が少し入れづらいです。使えれば同じなんですけど、ここで値段の差が出るんだろうな。

小学校の筆箱に唯一入る銀色の補助軸。すみっコぐらしとかのものはかわいいし使いやすいのですが、太めになるので筆箱の蓋が閉まらなくなってしまうのです。(ペンケースにしたら持ち歩けるけど、小学校の決まりで低学年はペンケース禁止なのです)

救世主

鉛筆がどこまで短くできるかゲームでもしてるのかと思うくらい、短い鉛筆を大事にしている娘。いいことなんですが、そんな短いのだけでいいのかわからずで、今回ら補助軸のありがたみを初めて知りました。

補助軸を買わなかったら、結局短すぎるものはゴミ箱行きになってしまうので、これは便利だなあとしみじみ思っています。あと、かわいいキャラ系の鉛筆は、芯が弱くて筆圧強めのむすめは折れやすいのですが、補助軸なら無地の書きやすい鉛筆をかわいく着せ替えできるので、三姉妹にはまさに救世主!でした。

※注意
くもんの6Bの三角鉛筆は我が家の補助軸では入りませんでした。調べたら、「三角えんぴつホルダー」という名前のアイテムで解決できました!

捨てなさい!ともいいづらい気持ちが、物を大事にできてよかったです!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
へべれけさん

8歳小2、6歳年長、3歳の三姉妹育児をしている医療系ワーママです。医療。しごと。卵アレルギー治療。家庭学習。小学生と保育園生にぎゅうぎゅうに挟まれながらも日々戦いで頑張ってます!

へべれけさんの記事一覧 v-right