自転車に乗ることは、子どもにとってお兄さん・お姉さんになる第一歩というくらいちょっとした挑戦ですよね。私の息子も、4歳の誕生日に自転車をプレゼントし、1カ月半たちましたが、もう自分で乗り始め、転ばずに乗ることができています!

しかも、練習数回目。それはなぜでしょうか?

理由はひとつ!

ストライダーのおかげです。もちろん、ペダルなし自転車はストライダー以外にもたくさんありますので、どれでも良いと思います。でも、小さなときから慣れておくことはとっても大事だなと思いましたので今回紹介します。

いつから乗り始めたの?

はい。息子は2歳の誕生日にストライダーをプレゼントいたしました。ビビリな息子は、初め跨るのでも精一杯!亀のようにノコノコと歩いてました(笑)。

いつから乗りこなせるようになった?

半年-1年後には、すいすーいと乗りこなせるようになり、3歳になった頃にはもう、坂道をピューと滑り降りていました。本当にビビりな息子なので、運動神経の良いお子さんだともっと早く乗りこなせるようになるかもしれません。

自転車デビューのきっかけは?

公園などへ行くと、少し大きいお兄ちゃんが自転車に乗っていたり、私も子どもを乗せて自転車に毎日乗っていたので、ペダルを漕ぐことへの憧れが大きかったかもしれません。なので4歳のお誕生日にプレゼントすることにしました。

自転車にはすぐに乗れた?

初めて乗ったとき、バランス感覚は優れていたのですが、ペダルというものを漕ぐことに慣れておなかったので、またがって後ろを持ってペダルを漕ぐことになれることから始めました。

2回目以降は、親が少しずつ手を離す回数を増やしていき、3ー4回目にはほぼ乗れるようになっていました。そして最近、乗り始めも自分で漕ぎ出せるようになり、追いつくのに親が大変なくらいです。

そんなこんなで、ストライダーから始めた息子は自転車に乗ることを習得いたしました!

私がストライダーをおすすめする理由

例え、ペダルを漕ぐことに慣れていなくても、数年で培ったバランス感覚があるので、漕ぐことに慣れてしまえばあっという間に乗れると思います。

私自身の小さな頃はストライダーというものがなかったので、自転車に乗るのにすごーく時間がかかった記憶があります(笑)。男の子でも女の子でも、ストライダーに乗っていたというのは自転車への移行もスムーズなのかなと感じました。

2歳のお誕生日にはペダルなし自転車をプレゼントしてはいかがでしょうか

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
AYATOmamaさん

4歳の男の子と1歳の男の子がいる2児のママです。
現在育休中ですが、なるべくイライラしない笑顔の育児を目指して奮闘中です!

AYATOmamaさんの記事一覧 v-right