まだまだ安心してジジババに会えない日々が続きますね…。会えない分、写真をシェアして成長を感じて欲しいと思い始めたフォトアプリ「みてね」。私の家族と夫の家族合同で写真をシェアしてコメント付けあったりと盛り上がっています。

そしてわが家では最近、アプリ以外にお手紙(絵手紙)も頻繁にやり取りするようになり、写真も定期的に送るようになりました。

自宅の写真立ての写真サイズは「ましかく」という正方形サイズ。合わせてプリントできたらと思い、写真立ても送ることに。夫の実家オーストラリアにましかくサイズの写真立てってなさそうだなぁ。ましかく用の写真立てで良いのないかな〜と探していたらこんなステキなものがありました!

Chikuma ペーパーフォトスタンド

すみません、新品の写真を撮り忘れました…。これ、元々は真っ白なんです。今の作品を残したいなと、長男4歳に絵の具で色付けしてもらいました。

◎ お気に入りポイント その1
紙質が少しざらっとしていて水彩絵の具が乗りやすい仕様になっている。

それぞれのジジババをイメージしているらしいです(笑)。

◎ お気に入りポイント その2
2枚の写真を入れられるので、子どもと家族写真が入れられる。

子どもの写真ばかり送っていたら、私たち夫婦、ジジババにとっての子ども、ですね。私たちの写真も欲しいと言われたので2枚入れられるのは良き。

◎ お気に入りポイント その3
スタンドにも壁掛けにもできる。そして、縦横どちらでも展示できる。

設置する場所を選ばないのはギフトとしてポイント高いですね。

◎ お気に入りポイント その4
写真を保護する透明シート付き

◎ お気に入りポイント その5
安価!396円(税込)

サイズは他にも通常の2L版やハガキ版、1枚、2枚、4枚と色々バリエーションがありますよ!

ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

オンラインが便利な世の中ですが、やっぱりアナログも良いなと感じる今日この頃です。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
keiさん

オーストラリア人の夫と4歳の男の子&2歳の女の子と4人で暮らしています。仕事はボードゲームや玩具の輸入卸会社で、コミュニケーション・ディレクター。『遊びで笑顔の子育てを』をモットーに、日々、子どもと一緒に楽しめることにアンテナを張っています。
2021年3月、夫婦揃ってリモートワークになったことを機に東京から長野へ移住しました。

keiさんの記事一覧 v-right