/ 2021.12.07

Amazonの梱包資材、いろいろ遊べました

Amazon、最近はブラックフライデーなどがあり利用した人も多いのではないでしょうか。子どもが「あそぶー!」と梱包用紙をひっぱりだすと、まずはお絵かき♪クレヨンでお絵描きでもじゅうぶん楽しめます。だって画用紙よりずっと大きい!(サイズも2パターンくらいありますよね)

次に、紙粘土へ

子どもが「絵の具をやるー!」と言って、ひとりで遊んでいたのですが、「これ破れちゃう」となり、気付いたらお水と一緒にぐっちゃぐちゃにして遊んでいました。

これは紙粘土かも!ということで、ボールに入れて、そうすると細かくちぎれていって、しゃもじでコネコネ。お水の量にもよりますが、この時点で、ホットケーキのタネくらいのドロッと感。子どももおままごと感覚で混ぜ混ぜしたり、おだんごを作ったり。

お砂場道具のアイスセットも動員されて、おままごと♪

最終的にはケーキ作る!ということで、ケーキを作り、絵の具をペタペタ(この日は大いに絵の具遊びをしていたので、もう残ってるのが、主にミドリ笑。ミドリだけど、バースデーケーキらしい)。乾かすのには、最初の水分が多すぎたようで、小さいもので2日、バースデーケーキだと数日かかりました。

乾いたら、もう紙粘土って感じに、ちゃんとかたくなってました。洗濯のりはなかったので使っていませんが、きちんと固まりました。ちぎるときの細かさは大事なのではないかと思います。

季節柄、オーナメントだってできちゃう!

ついでにクッキー型でクリスマスのオーナメントもできました。絵の具は乾いた後で塗った方がいいです。絵の具を混ぜたのを型にはめたので、私はクッキー型を洗うのにも時間かかりましたので。公園で拾ったものでクリスマスリースを作ってみました(クオリティはそっちのけ笑)。

他にも試してみたいです

他の通販ところの用紙は試していませんが、とりあえずAmazonの紙は柔らかくて使いやすく、こんな紙粘土になりました。ゴワゴワした紙や、トイレットペーパーと洗濯のりでも紙粘土が作れるみたいなので、またやってみたいと思います。

マクドナルドのドリンク持ち帰り用の型も、とかしたら紙粘土っぽくなりました。紙製のたまごパックなんかも使えると思います。ただ、色が濃い目のグレーなので、かわいらしさ・紙粘土っぽさには劣ると思います。

遊んだ後に調べたら、「トイレットペーパーでもできるんだ!」となったのでリンクを貼っときます。

「本当に紙で紙粘土できるんだ!」というのが親子で実感できて、楽しかったです。材料費ゼロだし、女の子なら、おままごとごっこで半日、紙粘土製作で半日くらい遊べました。ちなみに、保水力がすごいので水を多く含ませておけば、数日保ちそうです。

寒くなって、おうち遊びも増えるので、ぜひ試してみてください♪

ひと昔前なら新聞紙だったのかな〜

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
BATAKOさん

3歳&おなかの女の子のママ。在宅メインの時短勤務デザイナー、時々カメラマン。「家事の時短は家族のハッピー?」と信じて日々研究
。まごわやさしい+手抜き料理、ママのリーダーシップ、畑いじり、しゅみ(片付け・読書・自転車・キレイなもの巡りetc.)お伝えしていきます。

BATAKOさんの記事一覧 v-right