復職前にやって良かったコト

それは、ズバリ「親子体験」です。

コロナ禍で現在は厳しい状況もあるかもしれませんが、仕事が始まると毎日休日ではありません。(安心してください。そうであっても、1人でランチするとかママのおひとりさま時間が生まれ、子どもとつきっきりだった世界から解き放たれます。)

目の前にいる子は、今その時限りの可愛さです。

子どもはあっという間に成長しています。赤ちゃんでただ泣いたり笑ったりしていた子がもう歩き出している…2語文しゃべり始めた…
(うちは1人息子で偉そうなコト言えないのですが)

子育て支援センターでの親子イベントの参加は復職したら時間が合わずできないです。

支援センターに限らず、近隣の親子イベントにたくさん参加してたコトが今となっては宝物です。手形足形アートをやりに行ったり、親子でものづくりをしたり。

絵の具などを使ったアート体験も復職してから親子でやるのは覚悟がいります。(復職してからはやってませんw)育休中ならこんな豪快なアート体験もできちゃうと思います。

親子参加体験は他にも…

まだ赤ちゃんでしたら、ベビーマッサージを習うのも良いと思います。今その時期にしかできないコトだからです。

私は子育て支援センターで出会ったベビーマッサージの講師に習い親子で通ってました。時が経ち、どんな風に意味があったのか問われるとなかなか回答はできないのですが、「親子時間をたくさん過ごした」このコトがかけがえのない思い出となり、今復職し時短勤務からフルタイム勤務するようになった私にとって一番の宝物です。

「このとき、まだじょうずにおしゃべりできなかったけど、えのぐで、ベチャベチャ〜ってやったよねぇ」など少し大きくなった子どもとまたその時の出来事をお話できます。

会いたい人がいたら会う。行きたい所があったら行く。

コロナ禍で入院中の人と面会が叶いません。現在、リモート面会も日時が指定されています。働くとその日時に合わすことが厳しいです。会いたい人がいたら、親子でリモート面会、してみてください。

私は父親が入院中のため、今となってはたくさん会っておいて良かったと思っています。何より闘病中の方の活力になります。

安心してください。復職したら復職したで、復職して良かった♪と思えるコトもたくさんあります!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ゆうまりさん

5歳息子は認可外の小規模保育園卒園後に幼稚園へ。幼稚園は退園し現在は保育園児。夫とは別居中。ヘアアレンジとオシャレ、時短&節約ワザの情報収集が好き。結婚前は半年に1回、大好きな西表島に逢いに。大自然の中でのアクティビティを親子で楽しむのが夢。

ゆうまりさんの記事一覧 v-right